おすすめの小説と、本のある暮らし

東野圭吾

『宿命(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『宿命(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。宿命というタイトルの本当の意味を考えながら楽しんでもらいたい1冊です。

『白馬山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

今回は『白馬山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。密室に暗号・・・古典ミステリがふんだんにつまった1冊です。

『怪しい人びと(東野圭吾)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『怪しい人びと(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしで紹介します。全7編からなる短編集。多彩なジャンルのショートミステリを読みたい人におすすめの1冊です。

『歪笑小説(東野圭吾)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『歪笑小説(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。出版・小説業界を舞台にした連作短編集。小説好きなら面白く読めること間違いなしの1冊!

『嘘をもうひとつだけ(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『嘘をもうひとつだけ(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしで紹介します。加賀恭一郎シリーズの6作品目。切ないミステリが詰まった短編集です。

『私が彼を殺した(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『私が彼を殺した(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしで紹介します。加賀恭一郎シリーズの5冊目でもある今作は、まさに「東野圭吾からの挑戦状」!あなたにこの謎が解けるか・・・?

『黒笑小説(東野圭吾)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『黒笑小説(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。ササッと読めるブラックユーモアが詰まった短編集です。

『犯人のいない殺人の夜(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

今回は『犯人のいない殺人の夜(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしで紹介します。複雑な人間の心理とトリックが絡み合った短編集です。短編にしておくのはもったいないほどの作品が7編詰まっていますよ。

『悪意(東野圭吾)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『悪意(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。加賀恭一郎シリーズ第4作品目。今回はタイトル通り『悪意』がテーマ。改めて東野圭吾の凄さを感じられる1冊でした。

『どちらかが彼女を殺した(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『どちらかが彼女を殺した(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしで紹介します。加賀恭一郎シリーズの第4作品目。犯人がわからずに終わるという、まさに「東野圭吾からの挑戦状」です。

『眠りの森(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『眠りの森(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。ついに刑事・加賀恭一郎が始まる!最後に明らかになる事件の裏に隠された切なく悲しい真実とは。あなたもきっとバレエの世界に魅了されるはず。

『卒業(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『卒業(東野圭吾)』の感想極力ネタバレなしでご紹介します。加賀恭一郎シリーズ第1作品目。まだ刑事になる前の大学生の加賀恭一郎が事件を解決に導く!

『浪花少年探偵団(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『浪花少年探偵団(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。大阪の小学校教師しのぶセンセが謎を解く軽快ユーモアミステリ☆クスッと笑えてテンポよく進んでいく読みやすい1冊です。

『パラレルワールド ラブストーリー(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『パラレルワールド ラブストーリー(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。二つの世界と混在する記憶がもたらす切ないミステリ。記憶の先にある真実とは・・・!

『むかし僕が死んだ家(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『むかし僕が死んだ家(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。「あたしには幼い頃の記憶がない・・・」元恋人のこの一言から全ては始まった。記憶が戻る時、驚愕の秘密が明かされる。

『放課後(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『放課後(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。ガリレオシリーズなどでお馴染みの東野圭吾の記念すべきデビュー作☆東野圭吾ファンとしては外せない1冊です。

『仮面山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『仮面山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしでご紹介します。2度読み必須、寝不足覚悟の東野圭吾作品です!まだ東野作品を読んだことがない人にもおすすめ♪

『夢幻花(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『夢幻花(東野圭吾)』の感想を極力ネタバレなしで紹介します。東野ミステリの真骨頂と言われた1冊をぜひお楽しみください♪