おすすめの小説と、本のある暮らし

『30代にしておきたい17のこと(本田健)』28歳の今読んでよかった自己啓発本。

こんにちは、うさみです。

今回は『30代にしておきたい17のこと』をご紹介します。今28歳の私が「読んでよかった」と心の底から思った本です。 後悔のない人生を送るために読む価値あり!

*小説ではなく、自己啓発本です。

内容 

ベストセラー『ユダヤ人大富豪の教え』の 著者である本田健さんが、30代にしておいた方が良いことを17に分けて教えてくれます。お金、人生、家族、幸せ。色々な面から30代とはどういう年代なのか、どう過ごしたら40代以降後悔のない生き方ができるのかを説きます。

本田さん自身だけでなく、本田さんの周りの60代70代の方の経験からくる教えなのでリアルな声がつまっています。

読んだ感想

 著者の本田健さんは、お金と幸せ、ライフワークなどをテーマに執筆やセミナー講演などをされている方です。『ユダヤ人大富豪の教え』や『20代にしておきたい17のこと』など、出す本は全てベストセラーになっているそうです!

 

私はこの本を28歳の時に初めて読みましたが、まだ20代のうちに読んでおいてよかったと心の底から思いました。20代後半になると30歳という節目を意識します。女性は恋愛・結婚と仕事という選択を迫られることもあるでしょうし、男性は仕事でもうワンステージ上がるタイミングでしょう。

私は30代に向けて、希望よりも不安の方が大きかったです。自分の人生はどうなってしまうのだろう、このまま30歳を迎えていいのだろうか、と。しかしこの本を読んで30代はこういう年代なんだ、こういう事を考えたり、こういう事が起きたりするんだなとわかりました。どのような30代を過ごしたいのかを改めて考える良い機会となりました。

 

もちろん人によって人生は様々なので書いてあることが全てあてはまるわけではないです。他の方のレビューを読んでいても、私の受け取り方とは全く違う受け取り方をされている方もいます。でもきっと17の項目のうち、自分の悩みや不安をなくしてくれる項目が一つはあるはずです。

 

今まさに30代の人はもちろん、これから30代を迎える人にも読んでほしい一冊です(^^)

世間の評価

 7:3で「読んでよかった」の人が多い印象です。さくっと読めてしまう本で読みやすく、自分の行動を振り返るきっかけになったという声と、期待しすぎてあんまりだったという声があります。人生観に関するものなので、本田さんの考えに共感できない人が読めば評価が下がるのも仕方ありません。

また、『20代にしておきたい17のこと』の続編として出された本なので、そちらをを読めば充分、という声も目立ちました。

 

こんな人におすすめ

・人生の方向性が見つからずに悩んでいる

・20代後半~30代の人

・漠然とした不安を抱えている

・通勤電車の中で 読みたいビジネスマン

 

商品情報

文庫本

 

あわせて読みたい

☆20代バージョンも読みたいなら

『20代にしておきたい17のこと』

 

スポンサーリンク