おすすめの小説と、本のある暮らし

【レビュー】サイズが自由自在☆フリーサイズブックカバー・アマネカ

アマネカブックカバー

こんにちは、うさみです。

今回は文庫本から単行本まで幅広いサイズに対応できるフリーサイズのブックカバー『アマネカ』シリーズをご紹介します。サイズが自由に変えられるため、ブックカバーはコレ一つでOK!デザインと色も豊富でプレゼントにも最適ですよ◎

スポンサーリンク

サイズが自由自在!『アマネカブックカバー』

ん~入らないなぁ・・・

まりちゃん、どうしたの?

東野圭吾さんの白夜行を読んでいるんですけど、分厚くていつものブックカバーが入らないんです。

なるほどね。そんな時はこのアマネカのブックカバーがおすすめだよ!フリーサイズだから分厚い文庫本でも単行本でもコレ一つあれば事足りるのよ♪

「色々なサイズが入るブックカバーってないのかな?」

「1つのブックカバーで事足りるなら楽なのに・・・」

そんな悩みを解決してくれるのが『アマネカ(amaneca)ブックカバー』です。文庫サイズからA5サイズまで、どのサイズでもこれ1つで事足りる!そんなフリーサイズのブックカバーなんです♪

 

アマネカブックカバー3つのおすすめポイント

アマネカブックカバーはサイズが自由に変えられるブックカバーです。『本のサイズに合ったカバーをそれぞれ買う』という従来の概念を壊した新しい形のブックカバーなんです♪そんなアマネカブックカバーの特徴は次の3つ♪

 

フリーサイズ

10種類以上の本のサイズに対応しています。

小説の文庫、新書、単行サイズはもちろん、コミックやB6、A5、菊判にも対応していますよ◎

アマネカクラシックの場合、本の表紙(a)&背表紙(b)&裏表紙(c)の合計が220~350mm、高さが148~220mmの範囲に入れば大丈夫です。他のシリーズも多少の誤差はありますが、ほとんど同じサイズです。

f:id:create-crema:20170328153730j:plain

f:id:create-crema:20170328153746j:plain

 

バンド式で簡単なサイズ調整

本に合わせてカバーをかけたらバンドでしっかり固定する仕組み。特許取得もしているこの技術でサイズを自由に変えられる上、しっかり本とカバーを密着固定させます。

詳しくは後ほど私が実際に使ってみた様子をお伝えしますね。

 

アマネカブックカバーのこだわり

こだわりの商品は全て国内生産で、機械と職人の手で丁寧に作られています。このようにまず機械で生地を貼り合わせ、カットされ、最後には人の手で仕上げられます。

【アマネカ・クラシックAM01の製造過程一部抜粋】

f:id:create-crema:20170328153529j:plain

f:id:create-crema:20170328153544j:plain

ジェコル株式会社公式HPより)

ひとつひとつの商品にこだわって作っているのがわかりますよね(^^) テレビ番組でも何度も取り上げられている人気商品ですよ♪

 

アマネカ5つのシリーズを紹介

現在アマネカブックカバーは4つのシリーズが出ています。

クラシックから始まり、ビビ、カスタム、ネオと改良を重ねて少しずつ素材やデザイン、仕様が変わってきているようです。(もう一つスターという種類がありますが、こちらは現在の在庫が終了次第販売終了のようなので省かせていただきます)

それぞれのシリーズで材質・色・デザインが異なるので見た目の好みで選ぶのもアリですよ♪

 

クラシックの特徴

シリーズで最初に発売されたのが『クラシック』です。合皮とスウェード生地が高級感があると好評です。

私自身も最初に買ったのはクラシックのオレンジ色です(^^)落ち着いた色使いは大人が持つのにふさわしいブックカバーですね。 

シリーズの中では一番厚みが出やすいのが難点。単行本やハードカバーの本であれば気になりませんが、文庫本にセットすると厚みが気になるかもしれません。ただ、使っている内に皮が軟らかくなってきて使いやすくなりますよ。

 ▶詳しい商品レビューへ

 

ビビの特徴

ビビは水や汚れに強い防水仕様のシリーズです。本体全部がビニール素材になっているので、多少濡れても大丈夫◎ただ、さわり心地も『ザ・防水』という感じでツルツルしているので、もしかしたら本を読む時に滑ってしまうかもしれません・・・。

カラーはマリンブルーとピンクの2色展開で、パステルカラーは華やかでかわいいシリーズです。

 

カスタムの特徴

シリーズの中で唯一、柄の着せ替えができるのが特徴◎1つで4種の柄を着せ替えできるので、自分の好きな柄のブックカバーにすることができますよ。カラーバリエーションもポップなものが多いので若い女性に人気のようです。 

ペンホルダーや付箋を入れるところがあるので、本だけでなく手帳カバーとしても使うことができますよ◎ 

詳しい商品レビューへ

 

ネオの特徴

アマネカブックカバーの最新シリーズです。素材はコットン生地と合皮なので、一番最初のクラシックと雰囲気が似ています。でもかなり軽量化されていて、厚みも気にならないようになっています。

生地自体が柔らかいので本へのセットもしやすく、個人的に一番おすすめのシリーズです(^^)

詳しい商品レビューへ

 

各シリーズの特徴や使いやすさを表にまとめてみました。よければ参考にしてくださいね(^^)

f:id:create-crema:20170329151235p:plain

 *公式HP、公式資料、私の感想をもとに作成(2017.3.29)

 

実際の使い方

実際に使い方を見ていきましょう!慣れれば簡単にセットできますよ。

まずカバーを裏向きに置いて、その上に本をのせます。ちょうど背表紙が真ん中にくるように・・・。

f:id:create-crema:20170328150826j:plain

 

その高さに合わせて折り返し部分を折り曲げます。線が入っているので折り曲げやすいし、左右の高さがズレにくいです(^^)

f:id:create-crema:20170328150815j:plain

 

本を広げたらサイド部分を折り込んでバンドをかけて固定します。

f:id:create-crema:20170328150855j:plain

f:id:create-crema:20170328150909j:plain

 

あとは反対側も同様にバンドをかけて完成です。

f:id:create-crema:20170328150927j:plain

 

しっかりとバンドで固定されるので、とても安定しています。

f:id:create-crema:20170328150943j:plain

このように持っても本からカバーが外れてしまうということもありません☆

*サイズが大きい本だと折り返し部分が少ないので、このような持ち方をすると外れてしまう場合もありますが、普通に使用している分には問題ありません。

 

今回はカスタムを使って説明しましたが、他のシリーズでも基本的な使い方は同じです(^^)

 

イマイチな点・・・

比較的簡単に本にセットすることができるアマネカシリーズですが、ちょっとイマイチな点もあります。

それは慣れるまではうまくセットできない可能性があるということ。最初のうちはうまくセットできずにこのようにズレてしまうこともあります。

f:id:create-crema:20170328152243j:plain

f:id:create-crema:20170328152301j:plain

 

原因は商品が新品であることと、手際が悪いこと、(私自身が)不器用なことが挙げられます。

あとは『折り目の問題』ですね。セットする時にその本のサイズに合わせて折り目をつけます。その折り目をしっかりとつけないと本にフィットしません。

しかし一度付けた折り目はなかなか消えないので、次に違うサイズの本にセットしようとした時にその折り目を変えるのに苦労するのです。そのためうまくセットできなかったりするんですね(汗)

 

この傾向は本のサイズが小さくなるほど現れるように思います。ただ素材が馴染んで、自分の手際も良くなれば、さほど困らずにセットできると思います。

 

他の商品と比べて・・・

フリーサイズブックカバーといえば、こちらのベアハウスのブックカバーも有名だと思います。

f:id:create-crema:20170329152257j:plain

 

ベアハウスのブックカバーはマジックテープでサイズを変更して、布カバーをくるっと巻きつけるタイプになります。アマネカよりもスマートで、厚さも気にならないんじゃないかなと思いますね。

ただ、アマネカはバンドで本とカバーをしっかりと固定させるのに対し、ベアハウスはただカバーを本に巻きつけているだけになります。そのため本を読んでいる時にカバーとの間に隙間ができてズレてしまったり、容易にカバーが外れてしまうのです。

f:id:create-crema:20170329152030j:plain

カバーはしやすいけど、使いづらいなというのがベアハウスの印象ですね(汗)

 

でもベアハウスの良い所はお値段が安い所です!アマネカはシリーズによって異なりますが、一番安くて税込2,400円になります(アマネカ・ビビ)。

対し、ベアハウスは税込1,620円です。比べると安いですよね!

 

使いやすさやカバーのしやすさ、値段、デザインの違いなど人によってこだわる部分が違うので一方的にどちらが良いとは言えませんが、私は使いやすさ(本の読みやすさ)を重視してアマネカを買うのをおすすめします(>_<)

 

評判は?

それではアマネカの気になる評判や口コミはどうでしょうか?それぞれのシリーズによってデザインと仕様が異なるので全てに当てはまるわけではありませんが、このような意見が多く見られます。

 

否定的な意見

  • 文庫本にセットすると厚みが気になる(主にクラシックです)
  • 値段が少し高め・・・
  • ビニール素材のものはゴワゴワする
  • 新しい本にセットする時に手間がかかる

 

肯定的な意見

  • フリーサイズなのでサイズごとで新しく買う必要がなくて助かる
  • 雑誌以外の本ならたいてい対応できる
  • バンド式なのでカバーが本から外れなくて使いやすい
  • デザインが豊富で楽しい
  • 使っているうちに馴染んでくる

 

セットするのに手こずったりする事はあるけど、慣れれば問題ないレベルかなと思います。本のサイズが小さくなればなるほどセットするのが難しくなりますが、単行本やハードカバーにはちゃんとフィットして使い勝手抜群です◎

 

素材によってもフィット感やセットのしやすさが変わってくるので、上記の比較表や各シリーズのレビューを参考にしてみてくださいね。

 

購入方法・取扱い店舗

公式HPを始めAmazon楽天などのネット通販、もしくは東急ハンズで購入可能です。ただ東急ハンズでは全てのシリーズが置いてあるわけではないですね。もし好みのものがなければネット通販を利用するのがおすすめです(^^)

公式オンラインショップへ

スポンサーリンク

まとめ

アマネカブックカバーは一つで色々なサイズに対応できる画期的なブックカバーです。

私が最初に使った時は自分自身が不慣れなのと、カバー自体が新品で硬かったので「うまく使えないな」「厚みが気になるな」と思うこともありました。

でも何回か使った今では「使いやすい!買って良かった!」と思っています。

もし単行本や分厚い本のカバーで良いのないかなと悩んでいるなら、アマネカブックカバーをぜひ検討してみてくださいね(^^)

 

*今回記事作成にあたり、一部仕様について不明な点はジェコル株式会社様に問い合わせし、確認致しました。ご協力ありがとうございました。

【アマネカ各シリーズのレビュー】

www.livingwithbooks.net 

www.livingwithbooks.net

www.livingwithbooks.net