おすすめの小説と、本のある暮らし

【レビュー】フリーサイズブックカバーのアマネカ・カスタムを使ってみました!

f:id:create-crema:20170329154441j:plain

こんにちは、うさみです。今回は自由にサイズを変えられるブックカバー、アマネカシリーズのカスタムを使ってみた感想をレビューしていきます。全シリーズの中で唯一、柄の着せ替えができます♪

スポンサーリンク

アマネカシリーズについて

アマネカシリーズとはサイズを自由に変えられるフリーサイズのブックカバーです。

文庫本から単行本、A5サイズなど幅広いサイズの本に付け替えられるブックカバーで、これ一つあれば本のサイズに合わせてカバーを買う必要がありません(^^)

バンドで固定するタイプなので本にフィットして、本がカバーから外れる心配が少ないのが嬉しいポイント◎

全部で4シリーズ発売されていて、それぞれで素材やデザインなどの仕様が異なります。

 

こちらの記事もおすすめ

 

デザイン・色・素材

今回はシリーズの中でも唯一、柄の着せ換えができる『カスタムシリーズ』の使い心地をレビューしていきます。

 

カスタムシリーズは全部で6色あり、各4リフィル柄入りなのでカラーバリエーションがとても豊かです。リフィルは裏表1柄ずつプリントされたものが2枚入っています。

アマネカカスタム

 

 

私が買ったのはピンクで、リフィルはこの4種類が入っていました▼

アマネカカスタム

気分で柄を変えられるのは良いですよね!これはアマネカシリーズの中でも『カスタム』だけの特権です(^^)

 

本体の素材はビニール製で、リフィル部分は紙製になります。 

しおりも付いていますが、ビニール製でちょっと安っぽく感じてしまいましたね(汗)

f:id:create-crema:20170327231123j:plain

 

▼しおりの付け根はこのようになっています。無理にひっぱらない限り大丈夫だと思いますが、ちょっと不安になりました。

f:id:create-crema:20170327231147j:plain

 

ペンホルダーや付箋を入れるところがあるので、本だけでなく手帳カバーとしても使うことができますよ◎

f:id:create-crema:20170327231405j:plain

 

バンドも交換用の替えバンドが付いてくるので、万が一バンドがゆるくなったり取れてしまっても大丈夫です(^^)

 

リフィルの着せ替え方 

カスタムの特徴の一つであるリフィルの着せ替えをしてみました!

▼まずサイドからリフィルを抜いていきます。

f:id:create-crema:20170327231533j:plain

 

▼両側のサイドを抜いたら中心部分をたゆませながらリフィルを引き抜きます。

f:id:create-crema:20170327231804j:plain

 

▼リフィルも少し曲げながら引き抜くとやりやすいですよ♪

f:id:create-crema:20170327231902j:plain

 

▼そして逆の要領で新しいリフィルを入れ込むだけで着せ替えが完了です。

f:id:create-crema:20170327232019j:plain

 

本にセットしてみました

肝心の本にセットした時の感想をお伝えしていきます。

文庫本から単行本までサイズの違う本で色々試してみました(^^)

例えばこれは文庫本にセットした時です▼

f:id:create-crema:20170327232304j:plain

正直他のアマネカシリーズでもそうなんですが、本のサイズが小さくなればなるほど折り返し部分が分厚くなるので、盛り上がって浮いてしまう傾向にあります。

特にカスタムはビニール製なので固く、その傾向が強くでてしまうかもしれません。ただちょっと本を押してやったり、馴染ませてあげるとかなりマシになります。また使い込むうちに素材が馴染んで厚みは気にならなくなるはずです。

 

▼これは単行本(ソフトタイプ)にセットした時です。

アマネカカスタム

アマネカカスタム

本にだいぶフィットしていて良い感じです◎バンドは細いですが、そのわりにしっかりと固定してくれるので安定感があります。

 

ただ、何度か色々な本にセットしているうちに紙製のリフィルがボロボロになってきてしまいました・・・。若干なんですが、上部がはみ出ているのでこすれてしまうようです(オレンジ枠の部分)。

f:id:create-crema:20170329154055j:plain

 

また本体のビニールだけでなくリフィルの紙も一緒に折り曲げなくてはいけないので、紙にも折り目がつきます。

紙であるがゆえ、その折り目は一度ついてしまうと消えないので、他のサイズの本にセットした時にボコボコしたりして気になるかなと思います。

 

ちなみにこちらの『ビビシリーズ』はカスタムと同じビニール製です。着せ替えはできませんが、その分防水に優れています。

アマネカビビ

 

購入方法と販売店

公式HPを始めAmazon楽天などのネット通販、もしくは東急ハンズで購入可能です。ただ東急ハンズでは全てのシリーズが置いてあるわけではないですね。もし好みのものがなければネット通販を利用するのがおすすめです(^^)

カスタムの値段は税込27,00円です。

公式オンラインショップへ

スポンサーリンク

まとめ

最初の内はビニールが硬くて使いづらいかもしれません(特に文庫本)。ただ、何度か使ううちに使いやすくなってくるはずなので大丈夫です♪

着せ替えができてポップなデザインがかわいいカスタムシリーズ。気分が変わっていいですね♪

 

*今回ご紹介したのはアマネカシリーズのカスタムです。他のシリーズは素材・仕様が異なる部分があります。

*今回記事作成にあたり、一部仕様について不明な点はジェコル株式会社様に問い合わせし、確認致しました。ご協力ありがとうございました。