おすすめの小説と、本のある暮らし

『アナザーフェイス2敗者の嘘(堂場瞬一)』の感想【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです。今回は堂場瞬一さんの『アナザーフェイス2 敗者の嘘』を極力ネタバレなしでご紹介します。

イケメン&シングルファザーの刑事が主人公のアナザーフェイスシリーズ第2作品目。最後の最後で明らかになる真実とは・・・!

内容紹介

強盗放火殺人事件の 容疑者が自殺。翌日には自らが真犯人だと名乗る女性弁護士・篠崎が出頭してくる。混乱する捜査本部に駆り出された大友は真相解明に乗り出すが・・・!

本当の犯人は誰なのか、自ら出頭してきた篠崎の目的とは・・・?警察の闇も巻き込み、真実とは何かを問う。

 

読んだ感想

『アナザーフェイス』の第2作品目で、大友やその息子、同僚のキャラクターも顕在で、1作品目の時よりも段々と彼らに愛着がわいてきますね。

今回もイケメン刑事・大友が難解な捜査に乗り出します。

事件の容疑者が自殺、その後で真犯人と名乗る人物が出てくる。果たして真犯人は誰なのか、というお決まりの展開ですが、最後の最後でひっくり返されます。ただ、この逆転劇が「衝撃的な結末」と捉えるかどうかは微妙なところですね。ちょっとしつこい気がしました(^_^;)結局そうなの?みたいな。

 

良くも悪くも裏切られ感があり、なんとなくすっきりしない終わり方でした。全体的には面白く読めたので、オチの部分だけ好みの問題かなと思います。

 

世間の評価

面白かったけれど、「あと一歩」「 オチだけが惜しい」といった意見が多いように思います。ただの冤罪の話ではなく、警察の不正が絡んでくるので飽きずに読めたという意見もありました。

1作品目も読んでいる方が大半のようで、1作品目よりも面白いという意見が多く見られました。

 

こんな人におすすめ

  • 刑事もの、特に男性刑事の小説が読みたい
  • 刺激が欲しいけど痛いのはイヤ
  • ハラハラドキドキしたい

 

商品情報

文庫本

 

あわせて読みたい小説

アナザーフェイスシリーズを最初から読むなら

感想の記事へ

 

アナザーフェイスシリーズを続けて読むなら

感想の記事へ

 

スポンサーリンク