おすすめの小説と、本のある暮らし

『どちらかが彼女を殺した(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです!今回は東野圭吾さんの『どちらかが彼女を殺した』を極力ネタバレなしでご紹介します。

加賀恭一郎シリーズ4作品目の本格推理小説ですが、まさに東野圭吾からの挑戦状と言っても過言ではない作品です。

内容紹介

自殺に見せかけて妹が殺された・・・。独自の捜査で犯人を二人に絞り込んだ警察官の兄・和泉。犯人への復讐に燃える和泉だったが、彼の前に加賀恭一郎が立ちふさがる。

ある男とある女。どちらかが彼女を殺したに違いない。犯人はどちらだ!

 

読んだ感想

東野圭吾ミステリとしては珍しい、本格的な推理小説です。なんといっても特徴的なのは犯人がわからずに終わるという事! クライマックスで主人公の和泉が犯人を追いつめていきますが、結局読者にはどちらが犯人かを明記しないで終わってしまいます。なので、本格的な推理小説を読みたい人にはおすすめ♪

犯人が誰なのかを推理しながら読み進めることができます。細かい部分までちゃんと読み込んでいけば、おのずと犯人が誰なのかがわかるようになっています。

 

まるで作者・東野圭吾さんから「犯人が誰だかわかるかな?」という挑戦状を出された気分のこの小説(笑)私はどちらが犯人なのかわかりませんでした。

「え~!結局どっちが犯人なの?」となってしまいましたが、袋とじで「推理の手引き」という解説が付いています。しかしこの解説でもはっきりと明記されていないのです(^_^;)東野さんはイジワルな人だなと思いました(笑)

最後はネットで調べるとネタバレを書いているサイトがたくさんあるので、犯人がわかりました。そしたらようやく「なるほど!」と思って、もう1度読み返しましたね。確実に2度読みたくなる推理小説です。

 

加賀恭一郎シリーズですが、加賀刑事は脇役ですね。でも犯人に復讐しようとする主人公をとめるという立ち位置なので、すごく重要な役です。加賀恭一郎が好きだという人からすると、出番が少なくて残念かもしれませんね。

 

世間の評価

最後まで犯人が明記されないという形が「楽しかった」という人と、「苦手」という人に分かれる感じですね。全体的には「面白かった」という人が8割という印象です。

肝心の謎解き自体は袋とじの解説を読んでもわからなかった。つまり、よくできた構成だったという意見も多く見られます。

 

こんな人におすすめ

  • 本格推理小説が読みたい
  • ハラハラドキドキしたい
  • 謎解きに自信がある!
  • 寝る間を惜しんででも読みたくなる本を求めている
  • 東野圭吾作品が好き

 

商品情報 

文庫本

 

あわせて読みたい小説

同じように袋とじがついた本格推理小説。ぜひセットで挑戦してみてください。

感想の記事へ

 

読み終わるまで寝れない!ハラハラドキドキ必須の東野ミステリ

感想の記事へ

 

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧

スポンサーリンク