おすすめの小説と、本のある暮らし

『いちご同盟(三田誠広)』の感想&あらすじ【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです。今回は三田誠広さんの『いちご同盟』をご紹介します。

生と死に向き合う少年のお話です。あなたにもきっとこんな時期があったはず・・・!

内容紹介

受験や将来の夢に悩み、死という未知なるものに心奪われる良一。同級生の徹也と重症で入院中の直美と出逢い、少しずつ日常が変わってきたある日、突然直美に言われた一言。

「あたしと心中しない?」

直美はもう長くなかった。間近に迫ったリアルな死に良一はどう向き合うのか。愛と友情、そして死に向き合う少年の物語。

 

読んだ感想

主人公・良一のまわりには死がたくさん存在しています。

 

  • 顔も名前も知らない同世代の少年の自殺(遠くて近い死)
  • 友人・徹也を通して出逢った直美の病気(身近な死)
  • 久しぶりに会った同級生の事故(突然の死)

 

良一はその全てから死、そして生きるという事を考え、向き合っていきます。

 

思えば中学生の頃、私は初めて身近な人間の死に直面し、「人はいつか死ぬんだ」ということを実感しました。すると、結局死んじゃうのに・・・と思い、「生きるって何?」「死ぬってどういうこと?」とよく考えていました。大人のいう、「将来のために大学には行って。高校だけは卒業して」の意味もよくわかりませんでした。

大人になってからとは違う、何とも言えないあの時期ならではの絶望感に悩まされた頃でした。

中学生や高校生の頃は大人でもない、子どもでもない微妙な時期。感受性豊かな、多感な時期です。

あなたもそんな時期がありませんでしたか?

 

この本はそんな15歳の葛藤をリアルに描いている作品です。きっと誰もが通ったことのあるあの頃を思い出させてくれるでしょう。今まさにその時期にいる少年・少女にもぜひ読んでもらいたい作品です。

 

世間の評価

90年代に発売された作品にも関わらず今でも多くの人に読まれ、高評価を受けています。Amazonのレビューの星評価でも珍しく、5つ星が多くみられる作品です。

生きる意味や死に向き合うことを考えさせられ、自分の中学生の時期と照らし合わせて「自分もそうだった」と思える所が高評価につながったようです。

漫画『四月は君の嘘』の中で取り上げられていたので読んだという方も多いです。

 

こんな人におすすめ

  • 泣きたい
  • 感動したい
  • 中学生や高校生
  • 思春期や反抗期を迎えた子どもをもつ人

  

商品情報

単行本

 

文庫本

 

あわせて読みたい小説

三田誠広作品をもっと読みたいなら

感想の記事へ

 

こちらの天国の本屋シリーズもおすすめ

感想の記事へ

 

青春小説が好きなあなたへ

恋愛・青春小説一覧

 

スポンサーリンク