おすすめの小説と、本のある暮らし

『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん(友井羊)』の感想を紹介【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです。 今回は友井羊さんの『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん』を極力ネタバレなしでご紹介します。

心温まる連作ミステリ。この小説を読んだ後は自宅の近くにスープ屋さんがないか探したくなりますよ(笑)

内容紹介

手作りの絶品スープが味わえるスープ屋さんの「しずく」。早朝にひっそりと営業している「しずく」に足を運んだ理恵は、温かいスープと店主・浅野の人柄に心をほぐされていく。

 

読んだ感想

全5編からなる連作短編集です。

ある時からスープ屋「しずく」の常連客になった理恵や理恵の周りの人々が主人公となって物語が進んでいきます。それぞれ悩みや日常の謎を抱えて「しずく」を訪れますが、その謎を「しずく」の店主・浅野が解き明かしていく・・・というストーリー展開になっています。

 

殺人事件などが起きない日常系ミステリの小説ですね。謎解きがされていきますが、その謎自体はさほど難しくもなく、容易に想像がつく範囲です(汗)

なのでこの小説の魅力はそこではありません。スープ屋「しずく」の店主・浅野の人柄というかキャラクター性がとても良く、穏やかな雰囲気が伝わってきます。だから読んでいると心が温かくなってきます(^^)

 

またスープ屋「しずく」で出されるスープの描写も詳しくされていて、単純にスープが飲みたくなります(笑)温かいスープを飲んで温まりたいな、ホッとしたいなと思いながら読みました。

しかもこの「しずく」は普段はランチとディナー営業がメインのお店。でも実は早朝も2時間だけ営業していて、ただしメニューは日替わりのスープ1種類のみ。早朝営業は宣伝をせず口コミだけ・・・というコンセプト。

この『隠れ家的な』、『知る人ぞ知る』、『私だけの憩いの場』っていう感じが良いですよね!こんなお店が自宅のそばにあったらがんばって早起きして週4くらいで通います(笑)

 

世間の評価

スープが飲みたくなる!という声多数です(笑)

謎解きや話の展開も読んでいて嫌な気持ちになることもなく、後味も悪くならないので気持ちよく読めたという人が多いようです。

全5編からなる連作短編集ですが、最後の5編目だけはそれまでとは少し傾向が変わります。それが人によって受け入れられるかどうかという問題はあるようですね(汗)

実際に続編が発売されていますが、「続編が出たら読みたい!」という声も多いので、このまま何作か続くシリーズものになるでしょう(^^)

 

こんな人におすすめ

  • 殺人の起きないミステリが好き
  • 日常系謎解きが好き
  • 心温まる小説が読みたい
  • ホッと一息つきたい
  • 食べることが好き

比較的読みやすいのであまり読書をしない人にもおすすめの1冊です♪

普段ミステリを読まない私のようなミステリ初心者にも読みやすいんですね!

 

商品情報

文庫本

 

あわせて読みたい小説

スープ屋しずくシリーズを続けて読もう

 

魅力的なキャラクターが出てくる小説が好きなら

感想・あらすじの記事へ

 

ミステリ好きなあなたへ

《ミステリ小説一覧》

スポンサーリンク