おすすめの小説と、本のある暮らし

『嘘をもうひとつだけ(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです!今回は東野圭吾さんの『嘘をもうひとつだけ』を極力ネタバレなしでご紹介します。

加賀恭一郎シリーズ第6作品目。切ないミステリが詰まった連作短編集です。

あらすじ

バレエ団の事務員がマンションから転落。加賀刑事は同じマンションに住む女性に疑いの目を向ける。動機も疑わしい点も見当たらないように見えるが・・・(表題作:嘘をもうひとつだけ)

読んだ感想

表題作の「嘘をもうひとつだけ」を含む全5編からなる連作短編集です。加賀恭一郎シリーズ初の短編集ですね。

短編集ということもあってさらっと読めてしまう感はありますが、ちゃんと東野圭吾エッセンスが散りばめられた1冊だと思います。

全体的に切なくなるお話が多いです。犯人たちは捕まりたくないので『嘘』をつくわけですが、その嘘が彼らにとって大事なものを守るためにつく嘘なので、読んでいてあまり犯人を憎めずに切なくなりました。

 

中でも私のおすすめは「狂った計算」。夫を交通事故で亡くした女性のもとに加賀刑事が現れ、そこから新たな事件が発覚していくという話。この話には加賀恭一郎もびっくりのどんでん返しが待っていて、ミステリとしてよくできた作品だと思います。

 

世間の評価

短編集なので少し物足りなさはあるものの、全体的に評価は高い傾向にあると思います。さらっと読めるので加賀恭一郎シリーズを読んでいない人好評ですね。

中でも「狂った計算」と「友の助言」は評判が良いみたいですね。『容疑者Xの献身』など、後の作品にもつながったのではないかと推測する人も(^^)

 

こんな人におすすめ

  • 加賀恭一郎シリーズが好き
  • 短編ミステリが読みたい
  • 切ないミステリが好き
  • 東野圭吾さんの小説を読んでみたい 

 

商品情報

文庫本

 

あわせて読みたい小説

加賀恭一郎シリーズを最初から読むならまずはこれから

感想の記事へ

 

こちらも切ないミステリ!加賀シリーズ第2作品目

感想の記事へ

 

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧

スポンサーリンク