おすすめの小説と、本のある暮らし

『私が彼を殺した(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

こんにちは、うさみです!今回は東野圭吾さんの『私が彼を殺した』を極力ネタバレなしでご紹介します。

加賀恭一郎シリーズ5冊目です。読者への挑戦状ともとれる1冊。あなたにこの謎が解けるか・・・?!

内容紹介

 結婚式の最中、新郎が毒入りカプセルを飲まされ殺害された。容疑者は3人。3人ともが「私が彼を殺した」と心の中で言う。果たして本当に彼を殺したのは誰か・・・?

読んだ感想

語り手が容疑者の3人でローテーションして話が進んでいきます。3人ともが心の中で「自分が殺してやったんだ」という。3人ともに動機があり、誰が殺したとしてもおかしくない状況だった。果たして3人のうち誰が殺したのか?

この謎を解き明かしていくのが加賀恭一郎刑事です。物語はあくまでも3人の容疑者の視点で進んでいくので加賀は脇役のようですが、3人の証言と状況を整理しながら犯人を探っていく重要な立ち位置です。

 

そしてこの小説は最終的に犯人が明記されないまま終わってしまうというスッキリしない結末です。これは『どちらかが彼女を殺した』でも使われた手法で、この2冊はセットで考えられています。小説の最後に袋とじが付いていて、犯人のヒントが書かれているので、それを読めばわかるかなと思います。わからなくてもネットで検索すると出てくると思いますよ。

私は「犯人が誰なのか」を推理しながら読んでいたのですが、結局わからず袋とじのヒントでようやくわかりました。そのため最後まで推理しながらドキドキして読み進めることができましたね。本格的な推理小説が好きな人や「謎を解いてやる!」と自信がある人におすすめです(^^)

 

世間の評価

トリックや犯人がわからず楽しめたという人が多いですね。犯人がわからないまま終わってモヤモヤする!という声もありますが(笑)

ただそのトリックにちょっと穴があるんじゃない?無理があるんじゃない?という疑問の声もありますね。でも全体的には酷評している人は少ないので、評判は良い小説だと思います。

 

こんな人におすすめ

  • 本格推理小説が好き
  • ミステリ好き
  • 謎を解く自信がある
  • 『どちらかが彼女を殺した』が面白かった
  • ハラハラドキドキしたい
  • 寝る間を惜しんででも読み進める!

 

商品情報

文庫本

 

あわせて読みたい小説

加賀恭一郎シリーズを最初から読むならまずはこれから!

感想の記事へ

 

こちらも犯人がわからないパターン。もう1冊の東野圭吾からの挑戦状!

感想の記事へ

 

東野圭吾さんの小説全制覇!

東野圭吾さんの小説一覧

 

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧

スポンサーリンク