刑事

『アナザーフェイス(堂場瞬一)』の感想あらすじ/イケメン&シングルファザー刑事にハマる

アナザーフェイス
管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は堂場瞬一さんの『アナザーフェイス』を極力ネタバレなしでご紹介します。

イケメン&シングルファザーの刑事が主人公のアナザーフェイスシリーズ第1作品目です。 シリーズは仲村トオルさん主演でドラマ化されています。

created by Rinker
文藝春秋
¥836
(2021/11/28 10:52:07時点 Amazon調べ-詳細)

『アナザーフェイス』のあらすじ

警視庁刑事総務課に勤める大友鉄は、息子と2人暮らし。捜査一課に在籍していたが、育児との両立のため異動を志願して2年が経った。そこに、銀行員の息子が誘拐される事件が発生。元上司の福原は彼のある能力を生かすべく、特捜本部に彼を投入するが……。堂場警察小説史上、最も刑事らしくない刑事が登場する書き下ろし小説。(文藝春秋BOOKS「アナザーフェイス-堂場瞬一/著」より

『アナザーフェイス』の感想

シリーズものの第1作品目ですが、主人公・大友の人間性が魅力的な作品です。

「イケメン」「シングルファザー」「元役者」という3つの顔を持つ大友はむさくるしい刑事像とはかけ離れていて好印象です。

管理人kisa
管理人kisa
ドラマ版ではそんな大友を仲村トオルさんが演じていますよ♪

 

話の進み方としては、誘拐事件が発生し、段々解決に近づいていくというよくあるストーリーです。

ただ、誘拐事件とはまた別の事件がからんできます。

正直、だいたいこんなストーリーなんだろうなという予想はできました。

でもそれがクライマックスでどう掛け合わさってくるのかが気になり、最後まで楽しく読めました。

グロいシーンや痛いシーンは出てこないので、刑事ものの小説の中では比較的読みやすいと思います。

created by Rinker
文藝春秋
¥836
(2021/11/28 10:52:07時点 Amazon調べ-詳細)