刑事

『アナザーフェイス3 第四の壁(堂場瞬一)』の感想あらすじ/大友の過去も明らかになるシリーズ3作目。

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は堂場瞬一さんの『アナザーフェイス3 第四の壁』を極力ネタバレなしでご紹介します。

大友の過去も明らかになるシリーズ3作目。

容疑者は昔の仲間?!かつての仲間と己の過去にどう向き合うのか。

created by Rinker
¥836
(2021/11/28 02:55:48時点 Amazon調べ-詳細)

『アナザーフェイス3 第四の壁』のあらすじ

警視庁・刑事総務課に勤める大友鉄は、かつて所属した劇団の記念公演に招待される。だが、主宰の笹倉が舞台上で絶命。それは、まさに上演されていたシナリオ通りの展開だった。大友は、過去と向き合いつつ、昔の仲間たちを容疑者として取り調べることになる……。「アナザーフェイス」シリーズ第3弾。(文藝春秋「アナザーフェイス3 第四の壁-堂場瞬一/著」より

『アナザーフェイス3 第四の壁』の感想

今回は大友が昔所属していた劇団内でおこる殺人事件。大友が昔の仲間たちを容疑者として調べていくという流れです。

最初の事件が、劇の上演中にシナリオ通りに殺されるという展開で、ミーハーな私は一気に惹きこまれました。

劇団の中(昔の仲間)に犯人がいることは間違いないのですが、人数が多くて把握しきれませんでした。

管理人kisa
管理人kisa
多いと言っても6~7人かな・・・。

 

登場人物が多いと自分の頭の中で作り上げたキャラクター像と名前が一致しないので、どうしても話自体が頭に入りづらくなるんです。

「あれ、これって誰だっけ」「こんな行動してたのって誰だっけ」

と思ってしまうと、のめり込んで読めなくなるので残念ですね。

ということで、最初に惹きこまれたものの、途中からはペースダウンしてしまい、第2第3の事件が起きてまた惹きこまれて・・・という感じでした。

大友の過去の話や警察官になったわけ、亡くなった奥さんとの話などが出てくるんですが、より一層大友の人間性がわかってよかったですね!

シリーズ3作目ともあって、段々と大友や他の主要登場人物に愛着がわいてきて次の作品も読みたい!と思うようになります。

最後の解説を俳優の仲村トオルさんがされているのもポイントです。

ドラマ版で大友役を演じられているご縁とのことですが、この解説を読むだけでも買う価値はあったかなと思ってしまうくらい、良かったです。

仲村トオルさんって文才あるんだなーって新たな一面を知りました。

created by Rinker
¥836
(2021/11/28 02:55:48時点 Amazon調べ-詳細)