『明日の記憶(荻原浩)』の感想・あらすじ / 切なくて悲しくてため息が出た

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は荻原浩さんの『明日の記憶』を極力ネタバレなしでご紹介します。

大事な人の顔も名前もわからなくなる、忘れたことすら忘れてしまう・・・自分がそんな病いに侵されていくのはどんな気持ちなんだろう。

『明日の記憶』のあらすじ

広告代理店営業部長の佐伯は、わずか50歳にして若年性アルツハイマーと診断された。

仕事では重要な案件を抱え、一人娘は結婚を間近に控えていた。

妻との穏やかな思い出さえも、病は残酷に奪い去っていくのか…。

『明日の記憶』の感想

主人公は広告代理店に勤める50歳の男性。

今までバリバリ仕事を行ってきましたが、若年性アルツハイマーに罹患してしまいます。

当初、主人公は「自分はしっかりしている」「問題なんかない」と診断した医師に怒りを感じるほどですが、仕事のスケジュールを丸ごと忘れてしまうなど、徐々に深刻な影響が出てきます。

その過程で主人公の気持ちが大変丁寧に描かれているので、病気を受け入れられない気持ち、記憶をたどろうとしてもぽっかりと暗い穴が広がっているようで何も見つけられないことへの戸惑いなど症状が進行していくことへの恐怖が痛いほど伝わってきます。

私は若年性アルツハイマーという病気の名前は知っていても、具体的にどのようなことが本人と家族に降りかかってくるのかということを知らなかったので、記憶を失う症状が進行していく主人公の内面や、それを受け止めなければならない家族の姿はショックでした。

特に主人公が一人でいる時に、今まで無意識にできていたことができなくなり、助けを呼ぶにも呼べないという緊迫したシーン。

どれだけ本人が混乱して怯え、助けを願っているかが伝わってきて、読んでいて辛いくらいでした。

主人公や家族の姿をリアルに想像するたびに、何度も涙がこらえきれずにボロボロと泣いてしまいました・・・。

管理人リナ

管理人リナ
こういう時って本人ももちろんつらいですが、周りの家族もつらいですよね。

 

病気が進行すれば、家族の顔も分からなくなる、家族との思い出も思い出せなくなる。

そんな未来がすぐ近くまで迫ってきていると感じながら、主人公は家族との時間を過ごします。

主人公と家族の気持ちがどこへ向かっていくのか、寄り添うような気持ちで読み進めました。

ラストは少し暖かい気持ちになるような希望が持てるような雰囲気で終わりますが、それでも病気が治るわけではないので、やはり悲しかったですね。

人生や病気について考えさせられ、また、家族の愛に触れることができる作品です。

『明日の記憶』はこんな人におすすめ

  • 泣ける作品が読みたい
  • 家族の愛についての作品を読みたい
  • 切ない話が好き

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

「大丈夫だ、死ぬな!」メッセージが詰まった『神様からひと言』

『神様からひと言』の感想・あらすじ記事へ

80分しか記憶がもたない博士との物語『博士の愛した数式』

『博士の愛した数式』の感想・あらすじ記事へ

ヒューマンドラマが好きなあなたへ

ヒューマンドラマ小説一覧へ

“あの”ベストセラーも自費出版から生まれた!

ベストセラーにもなった山田悠介さんのデビュー作「リアル鬼ごっこ」が自費出版から生まれたって知っていましたか?!

本を出すのって敷居が高いようだけど、自費出版なら誰でも『自分の本』を出すことができます。

「本を出す」という夢、叶えてみませんか?
↓無料資料請求↓

文芸社「自費出版」資料請求プロモーション

関連記事

『その日のまえに(重松清)』の感想【ネタバレなし】

家日和

『家日和(奥田英朗)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『ファミレス(重松清)』の感想・あらすじ / ただただ、お腹がすく!

『あなたの人生、片づけます(垣谷美雨)』の感想【ネタバレなし】

『孤独か、それに等しいもの(大崎善生)』の感想【ネタバレなし】

『みぞれ(重松清)』の感想を紹介【ネタバレなし】