ドラマ原作本『ブラックペアン1988(海堂尊)』の感想 / 海堂さんこそのリアルな医療ドラマ

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は海堂尊さんの『ブラックペアン1988』を極力ネタバレなしでご紹介します。

2018年4月から二宮和也さん主演でドラマ化された「ブラックペアン」の原作本。

あのバチスタシリーズにも通ずる医療エンターテイメントドラマです。

『ブラックペアン1988』のあらすじ

時は1988年。

神の手をもつ佐伯教授率いる東城大学総合外科教室に、帝華大の高階講師が送り込まれた。

高階は‟新兵器”「スナイプ」を使えば、困難な食道がんの手術を誰でも簡単に行えるという。

佐伯教授は高階が切った啖呵の是非を問うため、無謀な手術を命ずる・・・!

『ブラックペアン1988』の感想

この本の舞台は、1988年の東城大学外科教室。

教授の佐伯、転任講師・高階、くせ者の外科医・渡海などたくさんの医師や看護師が登場しますが、物語は研修医・世良が主人公にして進みます。

転任講師の高階が‟新兵器”「スナイプ」を持ち込んだことをきっかけに、様々なトラブルや事件(?)が巻き起こるストーリー。

事件といっても殺人事件が起きるような話ではなく、トラブルといった方がしっくりくるかなと思います。

管理人リナ

管理人リナ
本の紹介などでは「医療ミステリー」とされていますが、ミステリー色はあまりなく、「医療ドラマ」という表現が正しいかも。

 

作品内では1980年代末当時の大学病院医局の雰囲気がしっかりと再現されていて、白い巨塔と言われていた病院の雰囲気がひしひしと伝わってきました。

これだけリアルに病院のことを描くことができるのは、作者である海堂尊さんが医学博士だからですよね。

当時の病院の状況を知っているからこそ、これだけリアリティをもった描写ができるのだと思います。

手術室の様子や器具など、普通の作品では出てこないような専門用語も出てきますが、ストーリー展開にスピード感があるので誰でも楽しむことができる作品です。

そして、この作品の魅力の一つがバチスタシリーズの主要メンバー・田口や速水が医学生として登場していること!

若き日の彼等の姿が見られるので、バチスタシリーズファンとしても見逃せない1冊ですね。

管理人リナ

管理人リナ
ちなみに2018年4月からのドラマでは原作本の主人公・世良が主役ではありません。くせ者の外科医・渡海を二宮和也さんが主演として演じられました。

 

世間の評価

・読者アンケートから(kazukiさんの感想)

主人公や登場人物のキャラクターが立っているので、主人公や登場人物のキャラクターに感情移入しながら楽しめる作品です。

・読者アンケートから(webwriteさんの感想)

現在は三回目の読書中ですが、今回はドラマの進展に合わせて毎週日曜日の放送前にその日放送される部分を読むようにしています。二度目までは特定の人の顔や声はイメージしていませんでしたが、今回はそれぞれの俳優さんの顔や声を頭に思い描きながら読んでいるのでこれまでと比べて格段に面白く読むことができます。

 

『ブラックペアン1988』はこんな人におすすめ

  • 医療ドラマが好き
  • バチスタシリーズのファン
  • 若者の成長物語が読みたい

 

小説購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

続編!『ブレイズメス1990』

ベストセラーシリーズ!『チーム・バチスタの栄光』

二宮和也主演映画原作『ラストレシピ』

『ラストレシピ』の感想・あらすじ記事へ

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧へ

関連記事

マスカレードホテル 感想

『マスカレード・ホテル(東野圭吾)』の感想 / 刑事とホテルマンのコンビに注目!

慟哭 貫井徳郎

『慟哭(貫井徳郎)』の感想・あらすじを紹介!【ネタバレなし】

六番目の小夜子 感想

『六番目の小夜子(恩田陸)』の感想・あらすじ/ すでに恩田陸ワールド全開!衝撃の...

『魔球(東野圭吾)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『愚者のスプーンは曲がる(桐山徹也)』の感想【ネタバレなし】

『完璧な母親(まさきとしか)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】