恋愛・青春

『僕らのごはんは明日で待ってる(瀬尾まいこ)』の感想あらすじ / 大切な人を大切にしよう

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は瀬尾まいこさんの『僕らのごはんは明日で待ってる』を極力ネタバレなしでご紹介します。

大切な人をちゃんと大切にしたくなる、そんな心温まる1冊です。

created by Rinker
¥550
(2021/01/16 22:55:13時点 Amazon調べ-詳細)

『僕らのごはんは明日で待ってる』のあらすじ

兄の死以来、人が死ぬ小説ばかりを読んで過ごす亮太。けれど高校最後の体育祭をきっかけに付き合い始めた天真爛漫な小春と過ごすうち、亮太の時間が動きはじめる。やがて家族となった二人。毎日一緒に美味しいごはんを食べ、幸せな未来を思い描いた矢先、小春の身に異変が。「神様は乗り越えられる試練しか与えない」亮太は小春を励ますが……。(幻冬舎「僕らのごはんは明日で待ってる-瀬尾まいこ/著」

『僕らのごはんは明日で待ってる』の感想

主人公の葉山亮太とその恋人・小春の恋物語。

まだ付き合う前の高校生時代から大学、社会人と成長していく二人を連作短編集のような形で読み進めていきます。

個性的な二人の、ドライだけどお互いを信頼している関係性がうらやましくなりましたね。

物語は後半で小春の身に異変が起きる所から盛り上がるので、それまでは色々ありながらも日常が穏やかに進んでいく感じです。

でもその穏やかさをつまらないと感じさせないのが瀬尾まいこさんの上手い所ですよね!

大切な人を“ちゃんと”大切にしよう、そう心が温かくなる小説です。

管理人kisa
管理人kisa
結構サクサクと読めるので、普段小説を読まない人にもおすすめです。
created by Rinker
¥550
(2021/01/16 22:55:13時点 Amazon調べ-詳細)