『独立記念日(原田マハ)』の感想【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は原田マハさんの『独立記念日』を極力ネタバレなしでご紹介します。

様々な年代の女性たちによる「独立」をテーマに、24のストーリーが描かれた短編集。

内容紹介

恋愛、キャリア、挫折に別れ・・・。

さまざまな年代の女性たちが迷いながらも、自分の殻を破り、人生の再スタートを切る。

彼女たちの決意が心に響くとき、あなたにも次の一歩を踏み出す勇気が湧いているはず・・・!

*以前のタイトル『インディペンデンス・デイ』より『独立記念日』へ改題されました

読んだ感想

管理人リナ

管理人リナ
自身のこれからについて思い悩んでいた時に出会った1冊です。「女性の独立」というテーマに心惹かれ、手に取りました。

 

「独立」というテーマは共通していますが、その形は24のストーリーでそれぞれ異なるところが魅力的です。

例えば、恋人に「さようなら」と告げることだったり、思い描いていた夢とは少しだけ違う現実に向き合う決意をすることだったりと、異なる「独立」が原田マハさんによって温かく描かれています。

特に女性は共感するところが多く、登場人物と自身を重ねて読み進めてしまうのではないでしょうか。

もしくは、本当は自分が決別しなければいけないと気が付いている何かを思い起こし、ハッとさせられたり、勇気が湧くような瞬間があるのではないかと思います。

私自身も、将来について思い悩むだけの自分から独立し、とりあえず行動に移そうと前向きな気持ちで本を閉じました。

また、各ストーリーの主人公たち同士に微かな繋がりがあるのも、この本の魅力の1つ。

思いがけない人物がその次の話の主人公として登場したりするので、「どこで繋がるんだろう?」というワクワク感も与えてくれます。

こうした女性同士の繋がりに、「一緒に頑張ろうね」というメッセージが込められているような、温かな仕掛けに感じました。

前向きになりたい女性(もちろん、男性も!)を応援してくれる1冊、ぜひ読んでみてください!

小説購入ページへ

世間の評価

「前向きになれる」「希望が持てる」「ほっこりした」という声が多いですね。完全に女性に人気があります◎

原田マハさんらしい温かみのある作品に仕上がっていますが、短編集なのが少し物足りないという声も。

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • 男性よりも女性向け
  • 前向きになりたい人
  • 温かい気持ちに癒されたい
  • 次に進む勇気を出したい
  • 悩みがある

 

小説購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

大人のほろ苦い恋物語『昔の恋人』

感想の記事へ

原田マハの旅物語『旅屋おかえり』

感想の記事へ

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

『こんなにも優しい、世界の終わりかた(市川拓司)』の感想【ネタバレなし】

『MEMORY(本多孝好)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『思いわずらうことなく愉しく生きよ(江國香織)』の感想【ネタバレなし】

昔の恋人

『昔の恋人(藤堂志津子)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『ため息の時間(唯川恵)』の感想を紹介【ネタバレなし】

天に堕ちる

『天に堕ちる(唯川恵)』の感想を紹介!【ネタバレなし】