ミステリ・サスペンス

『慟哭(貫井徳郎)』の感想・あらすじ / 読了後に呆然とする程の衝撃をうけた

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は貫井徳郎さんの『慟哭』を極力ネタバレなしでご紹介します。

貫井さんのデビュー作。社会に問いかけるメッセージや重々しさが感じられる、まさにタイトル通りの衝撃作品です。

created by Rinker
¥817
(2020/12/04 01:03:57時点 Amazon調べ-詳細)




『慟哭』のあらすじ

連続する幼女誘拐事件の捜査が難航し、窮地に立たされる捜査一課長。若手キャリアの課長を巡って警察内部に不協和音が生じ、マスコミは彼の私生活をすっぱ抜く。こうした状況にあって、事態は新しい局面を迎えるが……。人は耐えがたい悲しみに慟哭する――新興宗教や現代の家族愛を題材に内奥の痛切な叫びを描破した、鮮烈なデビュー作。(東京創元社「慟哭-貫井徳郎/著」

『慟哭』の感想

管理人kisa
管理人kisa
読み終わったあとで、今作が貫井さんのデビュー作だと知りました。「えっ、これがデビュー作?すごい!」と思った1冊です。

 

物語は頻発する少女連続誘拐殺人事件を追うエリート刑事の視点、真犯人の視点の二つが交互に出てくる形で進みます。

少女誘拐事件、新興宗教にハマる男、男女関係のもつれなど盛りだくさん。これがどう繋がって、どのような終わりを迎えるんだろうとドキドキして読み進めました。

また、「慟哭」という重いタイトルがなかなか内容とつながらないので、そこも気になるポイント。

そしてラストの数十ページは展開が早くて、ページをめくる手が止まりませんでした…!

実は私は、ただの刑事ものの小説として読んでいたんです。

そしたらラストの数十ページで、自分が描いていたものとは違うことが発覚。

予想とはかけ離れた結末に読んだ後しばらくは呆然としてしまいました。「そうか、これはミステリーだったのか」と。

でもただのミステリーではありません。

トリックに重きを置いているわけではなく、テーマは人間の心の弱さや醜さなのです(最後まで読むとそれがわかります)。

社会に問いかけるメッセージや重々しさを感じ、まさに「慟哭」というタイトルがピッタリの作品でした。

管理人kisa
管理人kisa
デビュー作ということで、粗削りな文章や強引な描写もあります。でも、非常に力のこもった筆致と確かな実力を感じることができます。
created by Rinker
¥817
(2020/12/04 01:03:57時点 Amazon調べ-詳細)