のぶみさんの絵本『ママがおばけになっちゃった!』の内容と新作『いのちのはな』とは?

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!絵本作家・のぶみさんの『ママがおばけになっちゃった!』のあらすじと新作『いのちのはな』をご紹介します。

世の中のパパ・ママから絶大な人気を得ているのぶみさん。そんなのぶみさんの魅力がつまった絵本2冊は大人も読む価値ありです。

ママがおばけになっちゃった!

ママ・パパたちに話題

最近ママたちの間で話題になっている絵本があるのを知っていますか?それがこちらの『ママがおばけになっちゃった!』です。

本を読んだママたちから「涙が止まらない」と絶賛の声があがり、シリーズ化もされていて、シリーズ全体の発行部数は54万部以上だそうです☆

ロングセラーの絵本は別として、この部数は異例の数字みたいですね。

死をテーマにした絵本

タイトルからもわかるように、この絵本は『死』をテーマにした絵本です。

絵本としては取り扱われることが稀な『死』という重くて、一見子どもには不向きなテーマにも関わらず、売れまくっているとは不思議ですね。

内容

以下が絵本の内容です。

ママは、くるまに ぶつかって、おばけに なりました。
「あたし、しんじゃったの? もう! しぬ ときまで おっちょこちょいなんだから!」

とつぜん、〃おばけ〃になってしまったママ。
いちばん心配なのは、4歳になる息子のかんたろうのことです。
よる、12時をすぎると、かんたろうの部屋に現れて……。

生まれてきてよかったこと。
いいところも、ダメなところも、かぞえきれないくらいの「好き」でいっぱい。
ママは、これから生きていくかんたろうを励ましながら、じっくりと話をします。
かんたろうも、ママへの思いを伝えながら、ちゃんと前を向いていきます。

おもわずクスッとわらってしまう、でも、ホロリときてしまう。
「このこ、わたしがいなくなったら、どうなっちゃうの?」
親子なら誰でも抱いている大切な気持ちが、ぎゅっと詰まった絵本です。

(Amazonあらすじより)

4歳の息子を残して事故で亡くなってしまったママ。残された息子のかんたろう君とおばけになったママとのお話です。

おばけになったママはかんたろう君の元に戻ってきますが、姿は見えていません。しかし夜になるとかんたろう君はママの姿が見えて二人は再会できました。そして二人は夜の街へ出かけます。ママはかんたろう君に「あなたを生んでよかった」「ママは幸せものよ」と色々な事を伝えますが、再び別れの時が・・・。

というお話です。ママは死んじゃってますから、結局またお別れしなくてはいけないんですよね(/_;)

実は賛否両論?!

ママたちの間で話題になっているこの絵本ですが、実はAmazonのレビューを読むと酷評が目立つんです。しかも結構散々な言われようです(^_^;)

「軽率だ」「死を軽んじている」「子どもには絶対読ませたくない」などなど。

でも、大絶賛の声が多くあるのも事実です。どうも「読んで良かった」という意見のママたちは二つに分かれるようです。

  • 自分たち大人が読んで、「すごく良かった」「感動した」「子どもへの愛情を再確認できた」。でも子どもにはちょっと・・・という人
  • 子どもに読み聞かせてみたら「ちゃんと理解してくれた」「命の大切さをわかってくれた」という人

こういう違いが出るのはおそらくお子さんの年齢とかもあるんだと思います。死というものを理解して命の大切さを学んでくれるのか、「ママいなくなっちゃやだ~」といって怖がっちゃうか。教育方針の違いもあるのでよく見極めてもらえれば(>_<)

絵本作家のぶみさんについて

この絵本を書いたのはのぶみさんという絵本作家さんです。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f2/%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%B6%E3%81%BF.jpg/200px-%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%B6%E3%81%BF.jpg

(出典:Wikipwdia“のぶみ”)

のぶみさんは若い頃に暴走族の総長だったという元ヤンキーです(^_^;)今の優しそうな姿からは想像がつきません(笑)のぶみさん自身、結婚してお子さんがいる現役パパです。お子さんに伝えたいという想いがあるから良い絵本が作れるのでしょうね。

のぶみさんは1997年に『ぼくとなべお』で作家デビューして以来、数多くの絵本を世に出し、NHKの「おかあさんといっしょ」や「みいつけた!」などでも活躍中♪

他の作品だと『しんかんくんうちにくる』が有名ですね。

のぶみさんが書く絵本は

・15の見開きであること

・3~5分以内で読めること

を決めて作られています。

長すぎず短すぎずの絶妙なボリュームで話をつくるのも結構難しいですよね。

最新作『いのちのはな』

そんなのぶみさんの最新作が『いのちのはな』です。

おかあさんからチューリップの球根をもらったかんたろう。ところが次の日からなんと病気に! 水がもらえないプーは花を咲かせることができるのでしょうか?

(Amazonあらすじより)

のぶみさん自身、子どもの頃にいじめや自殺未遂を経験されているそう。そんな大変な半生を振り返りながら「いのちの大切さ」や「人生について」をテーマに出来上がった一冊です。製作期間は9カ月にも及び、修正に修正を重ねて出来上がったのぶみさん渾身の出来の作品です。

すでに読んだ人のレビューでは絶賛の嵐ですね(^^)

「諦めない心を教えてくれた」「全ての人へ贈るエールがつまっている」「前向きになれる」など。

絵本とは思えない程の絶賛の言葉がつまっています。『ママがおばけになっちゃった!』以上に話題になること間違いなしですね(^^)

実際に2016年11月9日に発売されたばかりの本ですが、早くも重版が決定したそうです。Amazonでは絵本カテゴリでベストセラー1位に輝いていますね。

f:id:create-crema:20161114103954p:plain

(Amazonより抜粋)

『いのちのはな』を試し読みしよう!

実は今回ご紹介した『いのちのはな』と『ママがおばけになっちゃった!』を買う前に試し読みすることができます!

絵本ナビ という絵本専門のサイトでは絵本を無料で試し読みできるのです。「全ページためしよみ」と「ちょっとためしよみ」があり、「ちょっとためしよみ」は誰でもできます。会員になると「全ページためしよみ」が可能です。

もちろん試し読みをしたあとでそのまま購入することもでき、税抜1,500円以上で送料無料です◎

他にも色々なコンテンツがあり、年齢別で絵本を探すこともできるので、絵本選びに迷ってしまった時に最適なサイトですよ。

『いのちのはな』と『ママがおばけになっちゃった!』はもちろん、のぶみさんの他の絵本も試し読みできるので、興味のある方は購入前に一度見てみてはどうですか?

>> 絵本ナビ公式HPへ

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

にんげんごみばこ

衝撃的な内容で話題!のぶみさんの絵本「にんげんごみばこ」の感想紹介