複数ジャンル

『フィッシュストーリー(伊坂幸太郎)』の感想あらすじ / 伊坂流ほら話が詰まってる

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は伊坂幸太郎さんの『フィッシュストーリー』を極力ネタバレなしでご紹介します。

ロックな話からヒューマンドラマまで多彩なジャンルの伊坂流‟ほら話”が詰まった短編集。

伊坂ワールドをたっぷり味わってください。

created by Rinker
新潮社
¥693
(2020/12/04 01:42:45時点 Amazon調べ-詳細)

『フィッシュストーリー』のあらすじ

最後のレコーディングに臨んだ、売れないロックバンド。「いい曲なんだよ。届けよ、誰かに」テープに記録された言葉は、未来に届いて世界を救う。時空をまたいでリンクした出来事が、胸のすくエンディングへと一閃に向かう瞠目の表題作ほか、伊坂ワールドの人気者・黒澤が大活躍の「サクリファイス」「ポテチ」など、変幻自在の筆致で繰り出される中篇四連打。爽快感溢れる作品集。(新潮社「フィッシュストーリー-伊坂幸太郎/著」書籍詳細より

『フィッシュストーリー』の感想

細かいギミックで話が構成される伊坂幸太郎ワールドが4本も詰まっている贅沢な本です。

どれも「ほら話(=フィッシュストーリー)」のような異質なお話になっていて、ギミックをあえて都合の良いストーリーでミステリーっぽい部分もありますが、ヒューマンドラマや童話のような楽しみ方が適切かもしれません。

私が特に印象的だったのが表題にもなっている「フィッシュストーリー」と、締めの作品となっている「ポテチ」です。

「フィッシュストーリー」は売れないロックバンドの最後のレコーディングの間奏中、ボーカルの五郎が曲が売れない悔しさ、世の中の理不尽さに対して愚痴を漏らすように叫びます。

もちろんこんな状態では発売できないために、五郎のセリフの部分は「無音」となり発売されました。

この「無音」から物語が展開していくわけですが、とにかく最後のオチの意外性といったらすごいのなんの、気持ちよくなってしまいます・・・!

まさにこれこそが、フィッシュストーリー。全てを理解したあとにもう一度五郎のセリフに戻ってみると、彼の叫びがまるで神様に届いたかのような、そんなロックなお話です。

一方「ポテチ」は心がほんわか温かくなるヒューマンドラマ。

空き巣で生計を立てる今村が主人公ですが、どうしようもない男だと思っていた彼の知られざる秘密がわかったとき、目頭がぐっと熱くなりました。

管理人kisa
管理人kisa
ロックなハートが燃え上がる熱い物語の「フィッシュストーリー」、心がじんわり温まる話「ポテチ」、もちろんその他の2作品も魅力的でおすすめの一冊です。
created by Rinker
新潮社
¥693
(2020/12/04 01:42:45時点 Amazon調べ-詳細)