『博士の愛した数式(小川洋子)』の感想【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は小川洋子さんの『博士の愛した数式』を極力ネタバレなしでご紹介します。

数学の面白さに気づける丁寧で優しい物語。読めば数学への苦手意識が治るかもしれません・・・!

『博士の愛した数式』のあらすじ

「ぼくの記憶は80分しかもたない」

記憶力を失った博士にとって、私は常に初対面の家政婦。

そんな私に博士は靴のサイズや誕生日を尋ねて会話を始めた。数字が博士の言葉だった。

やがて私の10歳の息子“ルート”が加わり、私たちの平凡な日々は数学によって驚きと幸福に満ちたものに変わっていった。

 

『博士の愛した数式』の感想

事故に遭って記憶を失うまでの“博士”の人生、未婚で子供を産み育てなければならなかった私、そして一人で自分を育てるために頑張っている母を支える息子“ルート”。

三人の生き方が重なっていき、かけがえない絆が生まれる様を、感情的でなく、しかし丁寧に優しく描かれています。

それぞれのエピソードは決して派手ではなく日常的にあるものなのですが、“博士”の80分しか記憶が維持できないという特性のために、時にコミカルであったり悲しくもあります。

数学をテーマにした作品なので、作中にはたくさんの数字や数式が出てきます。

それは学生時代に習ったな~となんとなく覚えているものから、全く理解のできないものまで様々。

そのすべてに対する“博士”の説明を読んでいると、「数学って面白いな」「世界は数字に満ち溢れているんだな」と気づかされました。

管理人リナ

管理人リナ
“博士”の数学・数字に対する愛情がとても多いのが伝わってきますよ。

 

また“博士”の「子供は愛されるべき存在である」という思いからくる行動が不器用で可笑しくて、でもこんなふうに愛される子は幸せろうなとしみじみ感じました。

さすが小川さんというべき文章で大変読みやすく、ラストは悲しくもあったのですが「読んで良かった」と思わせる一冊です。

中高生でも読みやすく、また読めば数学が好きになるんじゃないかなと思います。ぜひ学生のうちに読んで数学の面白さに気付いてほしいですね!

『博士の愛した数式』の購入ページへ

世間の評価

「数学の面白さを知れて楽しかった」という意見とともに、「丁寧で美しく、優しい本だった」という意見が目立ちます。

やはり小川さんの世界観がこの本をより一層良いものにしているのでしょう。

逆に「刺激が少ない」「伝えたいことがよくわからない」という声もあり、穏やかな本がゆえにそういう意見も出るのかなと思います。

>> Amazonでレビューを読む

『博士の愛した数式』はこんな人におすすめ

  • 温かい気持ちになりたい
  • 中高生
  • 学生時代は数学が苦手だった

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

透明感のある恋愛感動小説『アジアンタムブルー』

『アジアンタムブルー』の感想記事へ

記憶がテーマの切ないミステリ『パラレルワールド・ラブストーリー』

『パラレルワールド・ラブストーリー』の感想記事へ

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

家日和

『家日和(奥田英朗)』の感想を紹介【ネタバレなし】

我が家の問題

『我が家の問題(奥田英朗)』の感想【ネタバレなし】

『キネマの神様(原田マハ)』の感想【ネタバレなし】

『キャベツ炒めに捧ぐ(井上荒野)』の感想【ネタバレなし】

『その日のまえに(重松清)』の感想【ネタバレなし】

『みぞれ(重松清)』の感想を紹介【ネタバレなし】