ヒューマンドラマ

『博士の愛した数式(小川洋子)』の感想あらすじ / 数学の面白さが知れる優しい物語

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は小川洋子さんの『博士の愛した数式』を極力ネタバレなしでご紹介します。

数学の面白さに気づける丁寧で優しい物語。読めば数学への苦手意識が治るかもしれません・・・!

『博士の愛した数式』のあらすじ

[ぼくの記憶は80分しかもたない]博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた──記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。第1回本屋大賞受賞。(新潮社「博士の愛した数式-小川洋子/著」書籍詳細より

『博士の愛した数式』の感想

事故に遭って記憶を失うまでの“博士”の人生、未婚で子供を産み育てなければならなかった私、そして一人で自分を育てるために頑張っている母を支える息子“ルート”。

三人の生き方が重なっていき、かけがえない絆が生まれる様を、感情的でなく、しかし丁寧に優しく描かれています。

それぞれのエピソードは決して派手ではなく日常的にあるものなのですが、“博士”の80分しか記憶が維持できないという特性のために、時にコミカルであったり悲しくもあります。

数学をテーマにした作品なので、作中にはたくさんの数字や数式が出てきます。

それは学生時代に習ったな~となんとなく覚えているものから、全く理解のできないものまで様々。

そのすべてに対する“博士”の説明を読んでいると、「数学って面白いな」「世界は数字に満ち溢れているんだな」と気づかされました。

管理人kisa
管理人kisa
“博士”の数学・数字に対する愛情がとても多いのが伝わってきますよ。

 

また“博士”の「子供は愛されるべき存在である」という思いからくる行動が不器用で可笑しくて、でもこんなふうに愛される子は幸せろうなとしみじみ感じました。

さすが小川さんというべき文章で大変読みやすく、ラストは悲しくもあったのですが「読んで良かった」と思わせる一冊です。

中高生でも読みやすく、また読めば数学が好きになるんじゃないかなと思います。ぜひ学生のうちに読んで数学の面白さに気付いてほしいですね!