『犯人のいない殺人の夜(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は東野圭吾さんの『犯人のいない殺人の夜』を極力ネタバレなしでご紹介します。

表題作を含む傑作推理小説が7編つまった短編集です。

内容紹介

ある建築家の家で起きた殺人事件。必死に隠す一家と、家庭教師の俺。

死体が発見されたことから事態は一変。警察の追及ののちに明るみに出た真実と真の犯人とは・・・!(表題作:犯人のいない殺人の夜)

読んだ感想

どうして殺したのか」という人間の複雑な心理と「どうやって殺したのか」というトリックをうまく組み合わせた東野圭吾さんらしい作品集だと思います。

どの作品も短編としてコンパクトにするのはもったいないなと感じたほど。長編小説として出してほしかったなと思いました。

表題作の『犯人のいない殺人の夜』は他の6編とはちょっと違い、最後でどんでん返しがあるパターンです。

東野作品を読むとたまに起こる「あ~やられた!」「えっ、どういうこと?」をまたしても感じました。

最後で意外な展開になったのでこの話だけは思わず2度読みしました(汗)

短編集の最後にこの手の話を持ってくるのも凄さなんだと思います。正直この表題作を読むだけでも本を買うだけの価値はあると思いますよ!

書籍購入ページへ

世間の評価

どの話も素晴らしく「傑作揃いの短編集」という声が多いようです。

特に普段東野圭吾さんの長編小説を好んで読んでいる人たちからの評価が高いようですね。

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • 東野圭吾さんの小説が好き
  • 本格ミステリを一気にたくさん読みたい

 

書籍購入ページ

文庫本

あわせて読みたい小説

もっと東野作品を読むなら『夢幻花』

感想の記事へ

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

『嘘をもうひとつだけ(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『氷菓(米澤穂信)』映画原作本の感想を紹介【ネタバレなし】

『マスカレード・ホテル(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『満願(米澤穂信)』の感想【ネタバレなし】

『怪しい人びと(東野圭吾)』の感想を紹介【ネタバレなし】

映画原作『愚行録(貫井徳郎)』の感想【ネタバレなし】