『ホリー・ガーデン(江國香織)』の感想・あらすじ/読むほどに果歩と静枝がうらやましくなる

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は江國香織さんの『ホリー・ガーデン』を極力ネタバレなしでご紹介します。

正反対の二人は本当に仲良し?それとも…?

読めば読むほどに、二人の関係性がうらやましくなってきました。

『ホリー・ガーデン』のあらすじ

果歩と静枝は高校までずっと一緒にいた。お互いを知りすぎているくらいに…

30歳目前の今、傷が癒えない果歩の失恋に静枝も心を痛め、果歩は静枝の不倫に釈然としな想いをかかえる。

そんな二人の関係が緩やかに変化を迎えようとしていた。

『ホリー・ガーデン』の感想

果歩と静枝。幼稚園のころから社会人になってもずっと続いている二人の友情のお話です。

初めてこの本を読んだとき、私は「この二人は仲良しじゃない」と思いました。

もっとこうしたらいいのに、あれは辞めたらいいのに、自分ならそんなことしない。

そんな二人の心の内が赤裸々に書かれています。あくまで心の内で、口には出さないんです。

管理人リナ

管理人リナ
それって親友なの?と疑問でした。

 

ふわふわして愛嬌があってモテる果歩。
真面目で努力家で夢を叶えている静枝。

正反対の二人ですが、どちらにも共感できる部分がたくさんあり、何回も読みました。

すっきりしなくて、心の奥の部分に引っかかるような、そんなお話だと感じていました。

何度か読んだ今、この正反対の二人はほんとに仲良しだなーと思っています。

だって仕事をしてても恋人といても、お互いの事を思い出しているんです。静枝ならきっとこうだろうな、とか、果歩にもこんなふうに幸せが来ればいいのに、とか。

そんな風に思ってくれる人、思える人がいるのってうらやましいなって思います。

 

柔軟性のある生き方の果歩が羨ましい静枝。
人生が順調な静枝が羨ましい果歩。

でもそれぞれ自分の生き方が間違っているとは思わない。だって頑張って生きてきたから。

毎日の生活・仕事・恋愛を頑張っている二人が、
それは一旦置いておいて、お茶でもしよっか。私の人生は今こんな感じだよ。
なんて話して、またそれぞれ頑張って生きていく。

「本当の友情ってこういうものなのかなぁ、いいなぁ」とちょっと暖かい目で静枝と果歩を見守れるようになった今、ほんわかと前向きになれる物語に私自身が救われています。

 

『ホリー・ガーデン』はこんな人におすすめ

  • 友達や他人が羨ましい
  • 恋愛がうまくいっていない
  • 友情をあまり信じていない
  • 大人になって友達の関係がうまくいかなくなった
  • 親友ってなに?とよくわからない

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

ちょっと変わった夫婦の物語『きらきらひかる』

『きらきらひかる』の感想・あらすじ記事へ

三人姉妹の絆で支え合う『思いわずらうことなく愉しく生きよ』

『思いわずらうことなく愉しく生きよ』の感想・あらすじ記事へ

江國香織さんの小説をもっと読む

江國香織さんの小説一覧へ

関連記事

『WILL(本多孝好)』の感想・あらすじ / ラスト2行のためにある1冊

図書館の神様 感想

『図書館の神様(瀬尾まいこ)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『思いわずらうことなく愉しく生きよ(江國香織)』の感想【ネタバレなし】

『あとは泣くだけ(加藤千恵)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『シューカツ!(石田衣良)』の感想を紹介【ネタバレなし】

ヴァニティ

『ヴァニティ(唯川恵)』の感想・あらすじ / 女性たちのリアルが詰まってる