『氷菓(米澤穂信)』映画原作本の感想・あらすじ / “省エネ少年”にハマるシリーズ開幕!

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は米澤穂信さんの『氷菓』を極力ネタバレなしでご紹介します。

古典部シリーズ第1作目の“省エネ”少年が謎を解いていく学園青春ミステリ。

2017年11月3日に山崎賢人さん・広瀬アリスさん主演で映画が公開された作品です。





『氷菓』のあらすじ

氷菓 感想

省エネをモットーにする折木奉太郎は、古典部に入部するが、意に反せず不思議な謎を次々に解決していく。

ある日、部長の千反田えるから、古典部の文集「氷菓」についての謎を解いてほしいと依頼されて・・・

『氷菓』を読んだ感想

「また一つ、面白いシリーズを見つけた!」

初めて読んだときに、こう思ったのを覚えています。

頭が切れるのに頑なに動こうとしない(作中では省エネと称しています)主人公、折木は不可思議な出来事をあっさりと解決していきます。

最初はありきたりな学園ミステリーものかと思いましたが、最後に解決する謎は手のこんだもの。

文集「氷菓」のタイトルの謎を紐解いていくうちに、通称「カンヤ祭」にまつわる悲しい物語へと続いていく謎解きは、気になってページをめくる手が止まりませんでした…!

管理人リナ

管理人リナ
私は、この謎が分かった瞬間に鳥肌がたちました。

 

何気なく手に取って読み始めたこの小説ですが、読み終わったあとにはタイトルを見るだけで、少ししんみりしてしまいます。

古典部の面々も際立った個性が目立つため、読書が苦手な人でもサクッと読める作品です。

「氷菓」は「古典部シリーズ」としてシリーズ化されているので、省エネモットーな折木くんの活躍を他の作品でも楽しむことが出来ますよ!

 

小説『氷菓』を安くお得に買うには?

2019年2月現在、『氷菓』はネットオフで158円で販売されています!

氷菓 ネットオフ 価格

出典:ネットオフ (2019.2.2現在)

ネットオフは、条件を満たせば送料無料!お買い得セールも頻繁に行っているので、ぜひチェックしてみてください。

>>ネットオフ公式HPへ

関連記事

『三月は深き紅の淵を(恩田陸)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

木曜日の子ども 感想

『木曜日の子ども(重松清)』の感想・あらすじ/気付いたら泥沼にはまっていたような...

『天使の耳(東野圭吾)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

ラストレシピ 感想

ニノ主演映画原作本『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~(田中経一)』の感想

慟哭 貫井徳郎 感想

『慟哭(貫井徳郎)』の感想・あらすじ / 読了後に呆然とする程の衝撃をうけた

『犯人のいない殺人の夜(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】