『氷菓(米澤穂信)』の感想を紹介【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は米澤穂信さんの『氷菓』を極力ネタバレなしでご紹介します。

古典部シリーズ第1作目。“省エネ”少年が謎を解いていく学園青春ミステリです。

内容紹介

省エネをモットーにする折木奉太郎は、古典部に入部するが、意に反せず不思議な謎を次々に解決していく。

ある日、部長の千反田えるから、古典部の文集「氷菓」についての謎を解いてほしいと依頼されて・・・

読んだ感想

読み終わったあと、凄い!!と唸ってしまう作品です。

頭が切れるのに頑なに動こうとしない(作中では省エネと称しています)主人公、折木ですが、不可思議な出来事をあっさりと解決していきます。

ありきたりな学園ミステリーものかと思ったのですが、最後に解決する謎は他には類をみない衝撃のラストです。

部長であり同級生の千反田から依頼された、文集「氷菓」のタイトルの謎を紐解いていくうちに、通称「カンヤ祭」にまつわる悲しい物語へと続く謎解きは、ミステリーをあまり読まない人でも「おぉ」と驚くと思います。

管理人リナ

管理人リナ
私は、この謎が分かった瞬間に鳥肌がたちました。

 

何気なく手に取って読み始めたこの小説ですが、読み終わったあとにはタイトルを見るだけで、少ししんみりしてしまいます。

古典部の面々も際立った個性が目立つため、読書が苦手な人でもサクッと読める作品です。

「氷菓」は「古典部シリーズ」としてシリーズ化されているので、省エネモットーな折木くんの活躍を他の作品でも楽しむことが出来ますよ!

小説購入ページへ

世間の評価

アニメ化もされているので、アニメを見て本作を読んでみたという人が結構いますね。

全体的にとても読みやすい点が好評です。

ミステリといっても日常系謎解き・謎解きと呼ばれる分類で、学園青春小説としての要素も入っているので楽しく読める人は多いと思います。

逆に本格推理小説のようなミステリを期待して読んだ人からは評価は低い傾向にあります。

古典部のキャラクターも個性派揃いで面白いとの声もありますよ。

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • 学園青春ミステリ好きな人
  • 謎解きミステリが好き
  • ほろっとくる本が読みたい
  • サクッと読みたい人

 

小説購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

シリーズ第2作目『愚者のエンドロール』

学園青春ミステリ『退出ゲーム』

感想の記事へ

関連記事

『この闇と光(服部まゆみ)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『嘘をもうひとつだけ(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『探偵物語(赤川次郎)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん(友井羊)』の感想【ネタバレなし】

宿命

『宿命(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『仮面山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】