『仮面山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は東野圭吾さんの『仮面山荘殺人事件』を極力ネタバレなしでご紹介します。

2度読み必須、寝不足覚悟の東野圭吾作品です!

『仮面山荘殺人事件』のあらすじ

8人の男女が集う別荘に銀行強盗が立てこもった。

人質となった8人は脱出を試みるが、全て失敗に終わる。

そんな緊迫した中人質の1人が殺された・・・!しかも犯人は人質の中にいる?!

『仮面山荘殺人事件』の感想

一言でいうなら『まさかのどんでん返し』これにつきますね。

主人公は高之という男性で、彼目線で物語が進んでいきます。

銀行強盗が立てこもるという緊張感の中、まさかの殺人事件が起きるという展開。

犯人は誰なのか。銀行強盗はどうなるのか。人質たちは無事解放されるのか。

最後までドキドキして、一気読みしました!

一気にラストスパートまで読み進めて、最後のどんでん返しで「やられた!」って感じでしたね。

この作品は90年代に発売されているので、最近の東野圭吾作品とは違った感じかなと思います。

ガリレオシリーズなども面白くて好きなんですが、個人的にはこの頃の作品の方が好きですね。

私が一番最初にこの作品を読んだのは5年くらい前なので細かい内容は忘れてたんですが、「面白かった本」という記憶だけはありました。

それだけ期待してもう一度読んでみてもやっぱり面白かったです!

『仮面山荘殺人事件』の購入ページへ

世間の評価

みなさん、手厳しいです(笑)

私と同じように「やられた!」「まさかの結末だ」という意見が多い中、「ありきたり」「細かい設定が不自然」という声もちょくちょくありますね。

大のミステリ、推理小説好きという方には向いていないかもしれません。ミステリ初心者の方だったら素直にだまされてくれると思います(笑)

>> Amazonでレビューを読む

『仮面山荘殺人事件』はこんな人におすすめ

  • どんでん返しが好き
  • ハラハラドキドキしたい
  • 東野圭吾を読んだことがない
  • 寝る間を惜しんで没頭したい
管理人リナ

管理人リナ
東野圭吾さんのすごさがわかる1冊。まだ東野作品を読んだことのない人にぜひ!

書籍購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

東野圭吾さんの作品をもっと読みたいなら『むかし僕が死んだ家』

『むかし僕が死んだ家』の感想記事へ

どんでん返しといえばコレも外せない!『この闇と光』

『この闇と光』の感想記事へ

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧へ

“あの”ベストセラーも自費出版から生まれた!

ベストセラーにもなった山田悠介さんのデビュー作「リアル鬼ごっこ」が自費出版から生まれたって知っていましたか?!

本を出すのって敷居が高いようだけど、自費出版なら誰でも『自分の本』を出すことができます。

「本を出す」という夢、叶えてみませんか?
↓無料資料請求↓

文芸社「自費出版」資料請求プロモーション

関連記事

ドラマ原作本『ブラックペアン1988(海堂尊)』の感想・あらすじ

『さまよう刃(東野圭吾)』の感想・あらすじ紹介【ネタバレなし】

『私が彼を殺した(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『盲目的な恋と友情(辻村深月)』の感想【ネタバレなし】

映画原作『愚行録(貫井徳郎)』の感想【ネタバレなし】

タルト・タタンの夢

『タルト・タタンの夢(近藤史恵)』の感想【ネタバレなし】