『片想い(東野圭吾)』ドラマ原作本の感想【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は東野圭吾さんの『片想い』を極力ネタバレなしでご紹介します。

性同一性障害をテーマにしたヒューマンミステリ。2017年10月21日からWOWOWで連続ドラマも放送される作品です。

『片想い』の内容

10年ぶりに再会した美月は男になっていた。

かつての同級生が性同一性障害だという事実に戸惑いながらも、「人を殺してしまった」と告白する彼女を妻とともにかくまうことにした哲朗。

しかし美月が失踪したことから事件は思いもよらない方へ展開していく・・・!

『片想い』の感想

性同一性障害、ジェンダーを取り扱う作品。

この作品が単行本として初刊行されたのは2001年のことなので、今(2017年)よりももっとジェンダーに対する理解はなかった時代だと思います。

なので、今とは少し違った認識があるかもしれませんが、概ねこの作品が訴えたいことは変わらないと思います。

作品の中では性同一性障害や半陰陽など、様々な性差の苦しみを抱えている人物が登場し、彼らはそれぞれに性に関する持論を持っています。

読み進めるうちに「男と女の違いとはなにか」「性差別の深刻さ」などを考えさせられましたね。

管理人リナ

管理人リナ
「あぁ、自分の考えは浅いなぁ。ジェンダーに関して何も理解していないのかもしれない」と感じました。

 

作風としては純粋なミステリというよりもサスペンス要素を含んでいる小説です。サスペンスとしての「これからどうなるんだろう」といったハラハラドキドキが感じられます。

実際に2017年10月21日からWOWOWで連続ドラマ(主演:中谷美紀さん)が放送されますが、展開が気になる見どころのある作品になるのではないでしょうか。

東野圭吾さんの小説は推理を楽しむミステリではなく、ヒューマンドラマや人間模様、心理状態の変化などを絡めた小説が多いのが特徴であり魅力です◎

この『片想い』はまさに、そんな東野圭吾さんの作風の良さが出ている小説なので、東野作品をまだ読んだことがない人にも、東野さんのファンだという人にも読んでもらいたいですね!

『片想い』の購入ページへ

『片想い』への世間の評価

性同一性障害やジェンダーについて考えさせられたという人は多いようです。東野さんらしい作品だという点も高評価につながっていますね。

ただ、ミステリとしての良さはあまり感じられず、随所で「納得がいかない」という点がある人も多いようです。

難しいテーマを題材にしているので、問題提起といった意味で否定意見が出るのは仕方ないですね。

>> Amazonでレビューを読む

『片想い』はこんな人におすすめ

  • ジェンダーに興味がある
  • 人間模様を描いた作品が読みたい
  • がっつり本を読みたい
  • 東野圭吾さんの小説が好き

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

東野ミステリの真骨頂『夢幻花』

『夢幻花』の感想記事へ

東野圭吾さんの小説をもっと読む

加賀恭一郎シリーズ https://www.livingwithbooks.net/entry/sotsugyou/ https:/...

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧へ

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

『私が彼を殺した(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『マスカレード・ホテル(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『放課後(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『仮面山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『ユリゴコロ(沼田まほかる)』映画原作本の感想【ネタバレなし】

『パラレルワールド・ラブストーリー(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】