『きらきらひかる(江國香織)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は江國香織さんの『きらきらひかる』を極力ネタバレなしでご紹介します。

アル中の妻とホモの夫。

そんな、ちょっと変わった夫婦にとっての友情、愛情、夫婦とは…?

『きらきらひかる』のあらすじ

10日前に結婚した笑子と睦月。

アル中の笑子とホモの睦月は全て許し、理解しあって結婚したはずだったのに…。

奇妙な夫婦から浮かび上がる友情、恋愛、人間関係とは。

『きらきらひかる』の感想

初めて読んだのは学生の頃でした。

当時の私には同性愛者の人が異性と結婚生活を送るという事が想像が出来ず、「本当にそれで幸せなの?」と思ったのを覚えています。

でも読み進めていくうちに物語の世界とは言え、自分の知らない事がこの世界ではたくさん起こって居るんだと学びました。

管理人リナ

管理人リナ
人には色々な愛し方や家族の在り方があって、自分のやりたい人生を送るべきだなという思いになりました。

 

そして私が1番思ったのは「笑子の生き方が格好いい!」ということ。

恋愛小説で主人公の恋人や結婚相手に他に相手がいる作品を読むと、感情移入をしてしまい、腹が立ったり悲しくなったりする事が多いです。

でもこの作品に関しては一切そんな想いはありませんでした。

自分がアルコール依存症になっている中でも結婚相手やその恋人の事を受け入れて、どうやったら皆が幸せに過ごせるのかを考えている姿が格好良く思いました。

人間として、女性として、笑子は決して完璧ではないでしょう。

でも笑子の人の愛し方、もがきながらも懸命に生きている姿を見て勇気が湧いてきました。

『きらきらひかる』の購入ページへ

世間の評価

・読者アンケートから(harukaさんの感想)

「そんな風に相手を追い詰めるんなら、睦月は笑子ちゃんと結婚なんかするべきじゃなかったんだよ」(出典:新潮文庫「きらきらひかる」より)

これはホモである睦月が恋人に言われた言葉。色々な本を読んできた私の中でのインパクトのあるフレーズの一つになっています。色々な衝撃を受けた作品です。

 

『きらきらひかる』はこんな人におすすめ

  • 夫婦関係に悩んでいる人
  • マイノリティや精神的な悩みを抱える人
  • 異色のラブストーリーが読みたい人
  • 刺激的な作品を求めている人

 

小説購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

女性の魅力が溢れる『思いわずらうことなく愉しく生きよ』

『思いわずらうことなく愉しく生きよ』の感想・あらすじ記事へ

前に進む女性たちのリアルが詰まった『ヴァニティ』

『ヴァニティ』の感想・あらすじ記事へ

恋愛小説が好きなあなたへ

恋愛小説一覧へ

関連記事

『独立記念日(原田マハ)』の感想【ネタバレなし】

映画原作『娼年(石田衣良)』の感想・あらすじ / 人の欲望に魅了される

『WILL(本多孝好)』の感想・あらすじ / ラスト2行のためにある1冊

冷静と情熱のあいだ

『冷静と情熱のあいだ Blu(辻仁成)』の感想・あらすじ / あのとき交わした約...

昔の恋人

『昔の恋人(藤堂志津子)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『MEMORY(本多孝好)』の感想を紹介【ネタバレなし】