ミステリ・サスペンス

『この闇と光(服部まゆみ)』の感想あらすじ/先入観なくとりあえず読んでみて!

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです。今回は服部まゆみさんの『この闇と光』を極力ネタバレなしでご紹介します。

美しい世界で育てられた盲目の姫の物語。全てが覆る時あなたはきっと眠れなくなる!寝不足必須の1冊です。

created by Rinker
Kadokawa
¥616
(2020/07/14 22:05:11時点 Amazon調べ-詳細)

『この闇と光』のあらすじ

森の奥深く囚われた盲目の王女・レイア。父王からの優しく甘やかな愛と光に満ちた鳥籠の世界は、レイアが成長したある日終わりを迎える。そこで目にした驚愕の真実とは……。耽美と幻想に彩られた美しき謎解き!(KADOKAWA「この闇と光-服部まゆみ/著」より

『この闇と光』の感想

半分くらいまでは、若干退屈しながら読み進めました。この物語はどこへ向かおうとしているんだろう、大丈夫かな・・・と心配したほど(笑)

でも半分まで来た時、物語は一気に展開を迎えます。それまでの半分を全て覆すような展開に頭がついていかないくらいです。

きっとあなたもこの小説を読む時、徐々に退屈してきて私の言葉を疑いたくなるでしょう。

でもグッと我慢して読み続けてください!絶対に「えっ?!どういうこと?」という展開に夜も眠れなくなるはずです。

とにかく読んで大正解!読んで良かったと思える作品でした!

管理人kisa
管理人kisa
ここまで言っておいてなんですが、あまり先入観なく読み始めてくださいね。その方が面白さが増しますよ!

 

created by Rinker
Kadokawa
¥616
(2020/07/14 22:05:11時点 Amazon調べ-詳細)