『キャベツ炒めに捧ぐ(井上荒野)』の感想【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は井上荒野さんの『キャベツ炒めに捧ぐ』を極力ネタバレなしでご紹介します。

季節感あふれる食材やレシピが登場する“おいしい物語”です。

『キャベツ炒めに捧ぐ』のあらすじ

コロッケ、アジフライ、豆ごはん・・・総菜屋「ここ家」はいつもおいしいもので溢れている。

ここ家を切り盛りするオーナーの江子、むっつりの麻津子、内省的な郁子。苦くも幸せな3人の日常を描いた1冊。

『キャベツ炒めに捧ぐ』の感想

メインの登場人物は江子、麻津子、郁子の3人。その3人が総菜屋を切り盛りしているので、おいしそうな食材やお惣菜がたくさん出てくるお話です。

3人が交代で主人公となって連作短編集のような形で物語は進んでいくのですが、これといって大きな事件が起きるわけでもなく、平凡な日常生活の模様があるだけ。

でもそれがこの作品の良いところ!

それぞれに個性があって、人間味にあふれるエピソードが盛りだくさん。そしてそんな平凡なエピソードにエッセンスを加えるように、季節感あふれる食材やレシピが登場します。

管理人リナ

管理人リナ
しかもその描写が思わず今すぐキッチンに立ちたくなるくらい、おいしそうなんですよね!

 

ただ1点だけ苦手だなと感じたのは、3人の年齢設定。3人とも60歳前後の大人の女性たちなのですが、それにしては少し若々しすぎるのです。

例えば作中にこんな会話のシーンがあります。

「そういえば、麻津子さんとダーリンって、体の関係はあるの?ないの?」

そう聞いたのは郁子だった。麻津子はタコの酢の物にむせた。

「体の関係、ってあんた……」

「ナイスよ郁ちゃん!あたしもそれ聞きたかったの。じつは最近やっちゃったんじゃない?」

引用:ハルキ文庫「キャベツ炒めに捧ぐ」P176より

60歳前後であればまだまだ若いのかもしれませんが、それでもこのような会話をするのは違和感があるなと思いました。

この点だけがどうしても引っかかってしまいましたが、読み終わったあとは「チャーミングな3人の女性たちが実在してくれたらな」とほっこりするお話でした。

『キャベツ炒めに捧ぐ』の購入ページへ

世間の評価

私と同じように年齢設定に違和感を感じる人は多いですが、概ね好評の作品ですね。

「おいしそうな料理がたくさん出てきてお腹がすく」「こんなお惣菜屋さんがあったら通いたい」という声も多いです。

>> Amazonでレビューを読む

『キャベツ炒めに捧ぐ』はこんな人におすすめ

  • “おいしい”話が読みたい
  • いつまでも若々しくいたい女性

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

家族×ごはん!『ファミレス』

『ファミレス』の感想記事へ

女性の魅力があふれる『思いわずらうことなく愉しく生きよ』

『思いわずらうことなく愉しく生きよ』の感想記事へ

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

『ファミレス(重松清)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『その日のまえに(重松清)』の感想【ネタバレなし】

『博士の愛した数式(小川洋子)』の感想【ネタバレなし】

『あなたの人生、片づけます(垣谷美雨)』の感想【ネタバレなし】

我が家の問題

『我が家の問題(奥田英朗)』の感想【ネタバレなし】

家日和

『家日和(奥田英朗)』の感想を紹介【ネタバレなし】