『魔眼の匣の殺人(今村昌弘)』の感想・あらすじ/新しいクローズドサークルミステリー

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は今村昌弘さんの『魔眼の匣(ハコ)の殺人』を紹介します。

屍人荘の殺人』に次ぐシリーズ第2作品目。

‟予知能力×クローズドサークル”の新しいミステリーを味わえ、ミステリー初心者からミステリーファンまで幅広く楽しめる1冊です。

※記事中にはネタバレボタンが登場します。ネタバレあり派の人は押してチェックしてくださいね。ネタバレなし派の人は絶対押しちゃダメです!

クリックするとネタバレします
ネタバレ話





『魔眼の匣の殺人』のあらすじ


ミステリー愛好会の葉村と剣崎比留子は、“魔眼の匣”を訪れた。

その、人里離れた施設“魔眼の匣”の主・サキミは、葉村たち訪問者に予言を告げた。

「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」

そして外界と唯一繋がる橋が燃え落ち、予言通りに一人が死んだ。

閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う中、さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白する。

果たして予言は当たるのか?葉村と比留子は生きて “魔眼の匣”から脱出することができるのか…?!

 

『魔眼の匣の殺人』の感想

デビュー作にしてミステリーランキングで3冠を達成、映画化も決定して話題になった「屍人荘の殺人」の続編ということで、発売前からかなり楽しみにしていました!

そんな期待大の状態で読み始めましたが、結論から言えば、その期待を裏切らない作品でした。

話は前作「屍人荘の殺人」から数カ月後、ミステリー好きの葉村と探偵少女・剣崎比留子が人里離れた場所にある、魔眼の匣と呼ばれる元・研究施設に足を運ぶところから始まります。

「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」

魔眼の匣の主・サキミがそう予言し、魔眼の匣に通じる橋が落ち、あっという間に恐怖のクローズドサークルの完成です。

魔眼の匣の殺人 表紙

葉村たちを含めて11名の登場人物が閉じ込められ、そこからは実際に事件が起きたり、葉村と比留子が事件解決に奮闘したり…というおきまりのミステリー展開がされます。

ただ、普通のクローズドサークルミステリーと違うのは、今作では‟予知能力”がカギとなること。

魔眼の匣の主・サキミ以外に、もう一人予知能力がある少女が登場します。予言者が二人いることがさらに事件を複雑にするのです。

この少女の正体は?(ネタバレ)
実はサキミの孫。全く関係性のない登場人物同士だと思っていたが、ここでサキミとの関係性ができるのです。このことが後々の事件にもつながってきます。

 

絶対に人が死ぬと予言された状況で、実際に起きる明らかな殺人事件。

予言を信じる者と信じない者がいて、疑心暗鬼になる登場人物たちと、揺れ動く心理戦。

予言は本当に当たるのか、それとも、‟予言があるから人が死ぬ”のか・・・?

予知能力とクローズドサークルが合わさることで、新たなミステリーを味わうことができるのが魅力のひとつかな、と。

さらに見どころとして面白かったのは、犯人の動機。あぁ、これがつながるのか!とちょっと驚いたのと、少しだけ動機に納得していまいました。

犯人の動機について(ネタバレ)
前半で何気なく語られた幽霊系のホラー話が犯人の動機につながります。犯人は幽霊に呪われていて、その恐怖が予言をより信じ込ませ、犯行に繋がったのでは…。

 

そして犯人がわかったあとのラスト15ページで、さらに衝撃の事実が判明します。

私自身は全く予想していなかった展開で、思わず「えーーー?!」と声が出ました(笑)

ラスト15ページの衝撃とは?(ネタバレ)
魔眼の匣の主・サキミは実はニセモノ!数十年前に本物のサキミが予言した内容をあたかも自分の予言のように振る舞い、挙句、自分の‟予言者”としてのプライドを守るために予言を利用して死のうとさえします。しかし、結局は自身が予言に苦しめられることに…

 

また、前作「屍荘人の殺人」でも感じたことですが、やはり読者に優しいなぁというのが印象的。

登場人物の名前を整理して説明してくれたり、順を追った丁寧な推理シーンがあったりと、読者フォローが素晴らしい!

これならミステリー初心者も楽しめるし、ミステリーファンとしても読み応えがあるのではないでしょうか。

1作目ほどの‟想像しえなかった”展開や衝撃は少ないもののの、存分に楽しませてもらえたし、期待(プレッシャー)に応えてくれたと思います。

最後にはまた続きがあるような書き方がされていたので、第3弾を楽しみにしています。

シリーズ1作目『屍人荘の殺人』の感想・あらすじはこちらの記事へ

関連記事

『木曜組曲(恩田陸)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『完璧な母親(まさきとしか)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『浪花少年探偵団(東野圭吾)』の感想 / あれ、これ東野圭吾なの?!

『マスカレード・イブ(東野圭吾)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『探偵物語(赤川次郎)』の感想・あらすじ / 爽快感でいっぱい!

『悪意(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】