ミステリ・サスペンス

『満願(米澤穂信)』の感想あらすじ / 読んで損なし!珠玉の短編集

満願 表紙
管理人リナ
管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は米澤穂信さんの『満願』を極力ネタバレなしでご紹介します。

第27回山本周五郎賞受賞他、2014年ミステリー年間ランキングで驚異の3冠に輝いた珠玉のミステリ短編集。

created by Rinker
¥781
(2020/06/01 00:22:07時点 Amazon調べ-詳細)




『満願』のあらすじ

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴(ざくろ)」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、「夜警」「関守」の全六篇を収録。(新潮社「満願-米澤穂信/著」より

『満願』の感想

この小説には6編の短編が収録されているのですが、そのすべてのクオリティが素晴らしい!まさに珠玉の短編集です。

管理人リナ
管理人リナ
短編集なのに、読み終えたあとには思わず「ふー・・・っ」と息を吐いてしまったほど、読み応えのある1冊でした。

 

中でも私が面白いなと思ったのは、「夜警」と表題作の「満願」

「夜警」は殉職した若い警察官に複雑な思いを抱く主人公が、彼の兄と対峙したことである「真実」に気付いてしまうお話。

「こんなことが実際にあり得るのか…」と、衝撃を受けたとともに背筋がゾッとしました。

そのゾッとする感覚は他の5編でも感じ、この物語全体に「人間の業」というものが、冷たく横たわっているような感覚を抱きました。

 

そして表題作の「満願」は金貸し業を営む男を刺殺した罪で服役していた女性が主人公。表題作にふさわしい、ある意味で純粋とも言えるような執念を描いた傑作です。

管理人リナ
管理人リナ
まさにタイトル通り、‟満願”の意味が一番強く込められた作品でした。
満願 表紙

 

書評家でも知られる杉江松恋さんが巻末の解説でこう書いています。

「満願」を読んだとき、私は松本清張の有名な短篇と、それが収録された作品集を手にしたときの気持ちが蘇るのを感じた。同じように過去の読書の記憶を呼び覚まされる読者は多いはずだ。

松本清張と肩を並べるほどの作品ということですね。数々の賞・ランキングで栄光を飾ったワケがわかります。

ぜひそんな“読んで損はない1冊”を読んでみてください!

created by Rinker
¥781
(2020/06/01 00:22:07時点 Amazon調べ-詳細)