ミステリ・サスペンス

『マスカレード・イブ(東野圭吾)』の感想あらすじ/ ‟あの2人”がまだ出会う前の物語

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は東野圭吾さんの『マスカレード・イブ』を極力ネタバレなしでご紹介します。

『マスカレード』シリーズの第2弾。‟あの2人”がまだ出会う前のいくつかのお話。

created by Rinker
¥660
(2021/01/16 06:10:52時点 Amazon調べ-詳細)

『マスカレード・イブ』のあらすじ

ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレード」シリーズ第2弾のミリオンセラー。(集英社「マスカレード・イブ-東野圭吾/著」より

『マスカレード・イブ』の感想

マスカレードシリーズの第2弾ですが、最初私は尚美と新田コンビにまた会える!と思って読み進めました。

しかし残念ながら今作は2人がまだ出会う前、『マスカレードホテル』よりも前のお話だったのです。

ホテル・コルテシアを舞台にした話や新田が関わる殺人事件の話など、4編からなる短編集。

2人が直接関わるシーンがないのは残念ですが、4編とも面白く読めました。

特に新田が主人公の殺人事件の2編はちょっとしたどんでん返しもあって、東野圭吾さんらしくて面白かったです。

『マスカレードホテル』の伏線ともいえる箇所もあって、シリーズファンなら楽しめる1冊だと思います。

管理人kisa
管理人kisa
マスカレードシリーズの順は『ホテル』→『イブ(今作)』→『ナイト』ですよ!
created by Rinker
¥660
(2021/01/16 06:10:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼シリーズ1作目はこちら

『マスカレード・ホテル(東野圭吾)』の感想あらすじ / 刑事とホテルマンのコンビに注目! 刑事とホテルマンがコンビを組む?!推理だけでなく、“人”にも注目して読みたい1冊。 『マスカレード・ホテル』のあらすじ...