『マスカレード・ホテル(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は東野圭吾さんの『マスカレード・ホテル』を極力ネタバレなしでご紹介します。

刑事とホテルマンがコンビを組む?!推理だけでなく、“人”にも注目して読みたい1冊。

内容紹介

東京都内で3件の連続殺人事件が発生。

犯人は現場に奇妙な数字のメッセージを残していた。

4件目の殺人事件は『ホテルコルテシア東京』でおこなわれる!?

潜入捜査に乗り出した新田刑事と仕事熱心なホテルウーマン山岸尚美は次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、真相に辿り着けるのか!?

読んだ感想

新田刑事は潜入捜査として『コルテシア東京』ホテルのフロントクラークに配属されます。

教育係の山岸尚美は自分の仕事に誇りをもち、また自分の勤務先であるコルテシアを大事に思う女性。

2人は最初はなかなかうまく行きませんが、ぶつかりあいながらもお互いの優秀さを認め、そして少しづつ信頼関係ができていくところが非常に上手に描き出されていて面白いです!

またこの2人だけでなく、もう一人重要な人物が能勢刑事。

事件解決に大きな役割を果たす、この物語に欠かせない人物なので注目してほしいですね!

ちなみによくあるパターンとして、新田刑事・山岸尚美が恋人同士に発展、というのが多いのですが、そのような終わり方はしていません。

結局どうなるのかな、と読者に思わせながら終わるのところも見どころです。

もちろん、ミステリーとして誰が犯人なのかどうやってホテルで犯行を行うのかなど、謎解きも充分楽しめます。

しかしただの推理だけのミステリじゃないのが東野圭吾さんの小説の良いところですよね!人と人との関係性や気持ちの変化も楽しんで読めました。

管理人リナ

管理人リナ
大げさかもしれませんが、人と人のかかわりについていいな~と思えた小説です。

 

小説購入ページへ

世間の評価

刑事とホテルマンという異色のコンビが、読んでいて面白かった、引き込まれたという声につながっています。

接客業をしている人にとっても面白く読めたみたいですね。

ただミステリや推理小説としては物足りなく感じた人も多いようです。

シリーズ第2弾として『マスカレード・イブ』も発売されているので、続けて読む人も多いですよ。

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • ミステリーが好き。でも複雑なトリックはちょっと・・・という人
  • 人間関係に疲れた人
  • 仕事にやる気がもうひとつ出ない人

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

シリーズ第2弾『マスカレード・イブ』

東野圭吾の真骨頂『夢幻花』

感想の記事へ

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧へ

関連記事

『卒業(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

宿命

『宿命(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『ボトルネック(米澤穂信)』の感想【ネタバレなし】

『白馬山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『悪意(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

映画原作『愚行録(貫井徳郎)』の感想【ネタバレなし】