『木曜日の子ども(重松清)』の感想・あらすじ/気付いたら泥沼にはまっていたような重厚感

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は重松清さんの『木曜日の子ども』を極力ネタバレなしでご紹介します。

気付いたら泥沼にはまっていたような重厚感がたまらない、読み応え抜群の1冊です。

created by Rinker
¥1,836 (2019/10/24 01:37:32時点 Amazon調べ-詳細)





『木曜日の子ども』のあらすじ

中学校で起きた、クラスメイト9人の無差別毒殺事件。
7年後、その地に越してきた私は、妻の連れ子である14歳の晴彦との距離をつかみかねていた。
そんな今夏、上田は社会に復帰し、ひそかに噂が流れる――世界の終わりを見せるために、ウエダサマが降臨した。
そして再び、事件は起きた…!

木曜日の子ども

『木曜日の子ども』の感想

読み応え抜群、重厚感たっぷりの物語でした。(実際に分厚い本です)

段々と不穏な雰囲気が漂ってきて、気付いたときには暗闇の中の泥沼にはまり込んでしまっていたような…そんな感じの1冊。

旭ヶ丘の中学校で起きた、無差別毒薬事件。9人が死亡し、21人が入院した凶悪事件の犯人はクラスメイトだった。

7年後、主人公の清水が、妻と妻の連れ子である晴彦と共に、その地へ越してきたことから全ては始まります。

清水は晴彦との距離感に戸惑っていて、父親としてどう接するべきなのか?家族とは?みたいな、家族物語のような感じで最初は話が進みます。

管理人リナ

管理人リナ
このあたりは実に重松さんらしい感じ。

 

だけど、晴彦が事件の犯人・上田に似ているのでは…?と疑問が出てきたあたりで、物語の空気が変わります。

これから何かが起きるな、と予感させるような雰囲気が漂いはじめたのです。

そして物語は事件を起こした上田が社会復帰し、若者の間に‟ウエダサマ”が降臨。

ここからは実際に事件が起きたり、良い子の皮をかぶっていた晴彦が本性を表し始めたりとミステリーっぽさが増してきました。

正直、このあたりからはずっと恐かったです。

晴彦の何を考えているかわからない様子、これから誰か殺されるのでは?という不安、‟ウエダサマ”を崇めている若者…全てが恐くてゾワゾワしながら読み進めました。

何が恐いって、「わからない」から恐かったんですよね。

物語の肝となる毒薬事件の犯人・上田の考えていることがわからないし、その上田を‟ウエダサマ”といって崇める若者たちの気持ちもわからない。

晴彦は事件に関わっているのか?敵か味方か…?

木曜日の子ども 表紙

 

物語の中にこんな言葉が出てきます。

「『わからない』っていうのは、たまらなく不安なことだよな」

清水は晴彦の考えていることはわからない。だから「恐い」でも「信じたい」。

血のつながらない息子への、父親としての切な想いががひしひしと伝わってきました。

最終的には「信じたい」気持ちが清水を突き動かすのですが、ラストは良い終わりだったなぁと個人的には思いました。

好き嫌いがあるかもしれないけれど、こういう終わりは嫌いじゃないのでスッキリ終えることができました。

管理人リナ

管理人リナ
発売日当日(今日)に、一気に読み終えてしまったくらい面白く読めた作品でした。
created by Rinker
¥1,836 (2019/10/24 01:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

「いつもの重松さんっぽくないな」とも思うかもしれませんが、もし読んでみて気に入ったら、『十字架』も読んでみてほしいなと思います。

きっと、重松さんの新たな一面が見れるはずです。

十字架 感想
「一度背負ってしまった十字架は、そう簡単には下ろすことが出来ない。」 ズシズシ響いてくる痛みを感じてください。 ...

関連記事

マスカレードホテル 感想

『マスカレード・ホテル(東野圭吾)』の感想 / 刑事とホテルマンのコンビに注目!

『アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)』の感想 / 見事なミスリードとフラグ...

『天使の耳(東野圭吾)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)』の感想 / ハリウッド映画のようなスピード...

『宿命(東野圭吾)』の感想・あらすじ / 最後の最後、タイトルに納得!

氷菓 感想

『氷菓(米澤穂信)』映画原作本の感想・あらすじ / "省エネ少年”にハマるシリー...