『夢幻花(東野圭吾)』の感想・あらすじ / これぞ、東野ミステリーの真骨頂

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は東野圭吾さんの『夢幻花』を極力ネタバレなしでご紹介します。

東野ミステリの真骨頂と言われた1冊をぜひお楽しみください。

『夢幻花』のあらすじ

秋山梨乃のイトコ・尚人がある日突然自殺した。

その数日後、今度は祖父の周治が何者かに殺され、周治が育てていた黄色い花の鉢植えが消えてしまった。

消えた黄色い花の正体とは?そしてなぜ祖父は殺され、イトコは自ら命をたたなくてはいけなかったのか。

存在してはいけない”黄色いアサガオ”。それがもたらした悲劇とは・・・!

『夢幻花』の感想

これぞ東野ミステリと評されるこの作品は、人間ドラマが展開されていくのが面白いですね。

ただ殺人があった、犯人を捜す、逮捕された・・・のような単純な展開ではなく、登場人物の心情が動かされていく様が描かれている作品です。

だから読み終わったあとに何か心に残るものがあり、気持ちを前向きにすらしてくれるミステリです。

物語が進むにつれて複雑に張り巡らされていた伏線がほどかれて、ひとつにつながっていく感じは「さすが!」の一言。

つい寝る間を惜しんで読んでしまいたくなるほどの魅力です。ちゃんと読み応えのある1冊ですね。

管理人リナ

管理人リナ
東野作品のファンとしては、安定の面白さで、買って損はなかったと思える1冊です♪

 

『夢幻花』の購入ページへ

世間の評価

全体的にすごく高評価です。

みなさん夢中になって読み進めたようで、本格ミステリとして読んで損はない!とのレビューが目立ちます。

作品中にたくさんの伏線が散りばめられているので、「これがここにつながるのかぁ」と納得のエンドだったようです。

>> Amazonでレビューを読む

『夢幻花』はこんな人におすすめ

  • 本格ミステリが読みたい
  • 東野圭吾が好き
  • じっくり読みたい
  • 背中を押してほしい

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

東野圭吾の原点・デビュー作『放課後』

『放課後』の感想・あらすじ記事へ

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧

“あの”ベストセラーも自費出版から生まれた!

ベストセラーにもなった山田悠介さんのデビュー作「リアル鬼ごっこ」が自費出版から生まれたって知っていましたか?!

本を出すのって敷居が高いようだけど、自費出版なら誰でも『自分の本』を出すことができます。

「本を出す」という夢、叶えてみませんか?
↓無料資料請求↓

文芸社「自費出版」資料請求プロモーション

関連記事

『卒業(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

映画原作本『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~(田中経一)』の感想 / 壮大な感動ミ...

『この闇と光(服部まゆみ)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『仮面山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『探偵物語(赤川次郎)』の感想・あらすじ / 爽快感でいっぱい!

『嘘をもうひとつだけ(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】