『浪花少年探偵団(東野圭吾)』の感想 / あれ、これ東野圭吾なの?!

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は東野圭吾さんの『浪花少年探偵団』を極力ネタバレなしでご紹介します。

大阪の小学校教師しのぶセンセが謎を解く軽快ユーモアミステリ。クスッと笑えてテンポよく進んでいく読みやすい1冊です。

『浪花少年探偵団』のあらすじ

小学校教師のしのぶが教え子たちと事件の謎を解く連作短編小説。

軽快!痛快!な生粋の関西人しのぶセンセに注目!

『浪花少年探偵団』の感想

「あれ、これ東野圭吾だよね??」

がとりあえずの感想です。1991年に出版された東野圭吾初期の小説ですが、「こういう小説も書いてたんだな~」と思いました。

まるで・・・赤川次郎です!

私は赤川次郎さんの作風もすごく好きなので、この小説も楽しく読めました。赤川次郎さんの小説が好きな人には絶対におすすめな1冊です

タイトルは『浪花少年探偵団』となっていますが、主人公は小学校の先生・しのぶセンセです。

大阪を舞台にした話なので、大阪弁が飛び交う快活な小説になっています。

ただのミステリというよりはユーモアミステリというジャンルですね。

しのぶセンセと子どもたち、他の登場人物たちの掛け合いが面白くて止まりませんね。テンポよく読めて時々クスッと笑えます。

管理人リナ

管理人リナ
この手の小説に難しいトリックや推理を求めてはいけません。サラーッと楽しく読むだけ!ただそれだけです!

 

世間の評価

東野圭吾さんっぽくない小説だけど、すごく高評価です。

軽快なテンポの良さがまるで漫才のようで面白く読んだという人が多いですね。

>> Amazonでレビューを読む

『浪花少年探偵団』はこんな人におすすめ

  • 面白く読める小説が好き
  • 軽く読める小説が良い
  • 赤川次郎さんの小説が好き

 

小説購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

続編『しのぶセンセにサヨナラ』

ユーモアミステリといえば赤川次郎!『三毛猫ホームズの推理』

“あの”ベストセラーも自費出版から生まれた!

ベストセラーにもなった山田悠介さんのデビュー作「リアル鬼ごっこ」が自費出版から生まれたって知っていましたか?!

本を出すのって敷居が高いようだけど、自費出版なら誰でも『自分の本』を出すことができます。

「本を出す」という夢、叶えてみませんか?
↓無料資料請求↓

文芸社「自費出版」資料請求プロモーション

関連記事

『アヒルと鴨のコインロッカー(伊坂幸太郎)』の感想 / 見事なミスリードとフラグ...

慟哭 貫井徳郎

『慟哭(貫井徳郎)』の感想・あらすじを紹介!【ネタバレなし】

『盲目的な恋と友情(辻村深月)』の感想【ネタバレなし】

『宿命(東野圭吾)』の感想・あらすじ / 最後の最後、タイトルに納得!

『満願(米澤穂信)』の感想・あらすじ / 読んで損なし!珠玉の短編集

『悪意(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】