『ネバーランド(恩田陸)』の感想を紹介【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は恩田陸さんの『ネバーランド』を極力ネタバレなしでご紹介します。

生田斗真さんや村上信五さん出演でドラマ化もされている小説。個性豊かな4人の少年の青春物語です。

『ネバーランド』のあらすじ

冬休みを迎えてほとんどの生徒が帰省する中、男子寮に残って年末年始を過ごすことにした4人の少年。

4人での共同生活の中でそれぞれが内に秘めていた『秘密』が明らかになっていく・・・。

『ネバーランド』の感想

登場人物は4人の少年。

主人公の美国、温和だけど常に冷静な光浩、クールな人気者の寛司、天真爛漫で天才肌な統の4人がそれぞれトラウマや“秘密”を抱えています。

そしてクリスマスイブの晩に統がある告白をした事から、それぞれの秘密が明らかになっていく・・・という物語です。

普段は特別仲が良いわけではない4人ですが、寮に残って自分たちだけで生活するという状況で関係性が変わっていきます。

その関係性の変化も読んでいて面白い所でしたね。4人のキャラがバラバラなので、個性が際立っていて楽しいです。

この小説のジャンルがミステリと位置付けられている事があるのですが、私的には『学園・青春もの』の小説です。

確かに前半はミステリ要素があってドキドキする箇所もありますが、後半からは完全に学園・青春小説です。

後書きで作者の恩田陸さんがこう言っています。

今どこかでこの四人に会ったら、みんなバラバラで四人が揃うことはめったにないと思うけど、きっといい線いってる素敵な男の子になってくれていると思う。

(ネバーランド 文庫版あとがきより)

私はネバーランドの数年後の4人の少年たちの姿が見たいな、続編が読みたいなと思いました。きっと個性はそのままに、それでも一皮むけた大人な彼らに逢えるでしょう。

『ネバーランド』の購入ページへ

『ネバーランド』への世間の評価

全体的には面白いと感じた人が多いですが、4人の少年に愛着を感じて楽しく読めた人と、あまり共感できずに面白くなかった人に分かれるかなという印象です。

前半はミステリっぽいのに途中で学園青春ものに路線変更したような構成も反感を買っています(汗)

>> Amazonでレビューを読む

『ネバーランド』はこんな人におすすめ

  • 青春ものが好き
  • 学園ものが好き
  • 少女漫画が好き

 

小説購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

恩田陸さんの学園もの『夜のピクニック』

『夜のピクニック』の感想記事へ

恩田陸さんの小説をもっと読む

https://www.livingwithbooks.net/entry/sangatsuhahukaki/ https://www.l...

青春小説が好きなあなたへ

恋愛・青春小説一覧

“あの”ベストセラーも自費出版から生まれた!

ベストセラーにもなった山田悠介さんのデビュー作「リアル鬼ごっこ」が自費出版から生まれたって知っていましたか?!

本を出すのって敷居が高いようだけど、自費出版なら誰でも『自分の本』を出すことができます。

「本を出す」という夢、叶えてみませんか?
↓無料資料請求↓

文芸社「自費出版」資料請求プロモーション

関連記事

昔の恋人

『昔の恋人(藤堂志津子)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『砂漠(伊坂幸太郎)』の感想【ネタバレなし】

『あとは泣くだけ(加藤千恵)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『シューカツ!(石田衣良)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『きらきらひかる(江國香織)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『僕らのごはんは明日で待ってる(瀬尾まいこ)』の感想【ネタバレなし】