『本日は、お日柄もよく(原田マハ)』の感想 / 言葉の力に心打たれる

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は原田マハさんの『本日は、お日柄もよく』を極力ネタバレなしでご紹介します。

言葉の力は偉大!

スピーチライター‟こと葉”の力強くも温かいスピーチに、心打たれること間違いなしです。

『本日は、お日柄もよく』のあらすじ

主人公・二ノ宮こと葉は、出席した幼なじみの結婚式で、目の覚めるような素晴らしいスピーチを聞き感銘を受ける。

それが、伝説のスピーチライターと呼ばれた久遠久美との出会いだった・・・!

その後、こと葉は久美に導かれるようにスピーチライターとしての道を歩み始めることになる。

『本日は、お日柄もよく』の感想

スピーチライターに挑戦する女性を主人公にしたお仕事小説。

平凡なOLだった主人公・二ノ宮こと葉がひょんなことからスピーチライターという職業に出逢い、自らもその才能を開花させていくのです。

物語は久美という最良の師を得たこと葉の成長物語を軸にテンポよくストーリーが進み、とても読みやすかったです。

私は知らず知らずのうちにこと葉に感情移入し、ともに泣き笑い彼女を応援するようになっていきました。

そうしたシーンの積み重ねが、選挙に出馬した幼なじみの演説スピーチをこと葉が担当する作品最大の山場で一気に生きます。

こと葉が書くスピーチは、彼女自身が体験したことや考えたことから生まれており、平易ながら力強く温かい言葉に溢れています。

最近まで素人だったこと葉にこんな素晴らしいスピーチが書けるの・・・?とちょっと疑問ではありますが、スピーチに深く心を打たれたのは事実です。

管理人リナ

管理人リナ
ブログを書いている身として、スピーチの内容は言葉や文章の勉強にもなりました!

 

それにしても、原田マハさんはどの作品でも読者に好かれるキャラクターを上手に生み出しますね。

まるで親しみを込めて友人を家に招くように、登場人物を通して読者を作品の世界に誘います。

最初から最後まで、優しさと美しい言葉に満ち、温かい気持ちにさせてくれる作品です。

『本日は、お日柄もよく』はこんな人におすすめ

  • 仕事、私生活で落ち込みがち
  • 言葉の力について興味を持っている
  • 言葉を扱う仕事に就きたい
  • スピーチやプレゼンが苦手と感じている
  • 温かい気持ちになりたい

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

思わず旅に出たくなる!原田マハのお仕事小説『旅屋おかえり』

『旅屋おかえり』の感想・あらすじ記事へ

本作りに欠かせない装幀家さんにスポットを当てた『装幀室のおしごと。』

『装幀室のおしごと。』の感想・あらすじ記事へ

関連記事

『旅屋おかえり(原田マハ)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

装幀室のおしごと

『装幀室のおしごと。(範乃秋晴)』の感想を紹介!【ネタバレなし】