『男の出産(松久淳)』の感想を紹介【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は松久淳さんの『男の出産~妻と一緒に妊娠しました』をご紹介します。

著者・松久淳さんの自身の体験を描いたエッセイで、奥さんが妊娠した時に感じた事、行ったことを赤裸々&コミカルに語っています。

*こちらは小説ではありません。

内容紹介

妻が妊娠したことで夫である男性はどう感じ、我が子との対面に向き合うのか。

実際に妊娠が発覚した0ヶ月から産まれるまでをコミカルに描いた、リアルな夫の声が笑える日記型エッセイ。

読んだ感想

リアルな声がとにかく笑える一冊です。それでいて奥さんと我が子へのラブレターともとれる中身。

男性は女性に比べて妊娠や出産の知識は乏しいですよね。

そんな何もわからない男性が急に「妻が妊娠」という立場におかれ、戸惑いながらも父親としての自覚を持つ様がとても好感を持てました。

日記形式で、〇周目という項目ごとに書かれているので、妊娠~出産までの流れを把握するのにも役立ちます。

独身・既婚関わらず男性にはぜひ読んでほしい本ですし、妊娠した女性にもおすすめしたいですね。

書籍購入ページへ

世間の評価

とにかく面白くて読んでよかったという声ばかりです。

中には続編が出たら絶対読みたい!という声も。流れるようにサクッと読めてしまうのも魅力のようです。

実際に妊娠してつわりに苦しんでいる女性にとっては、出産までの流れがわかるのと、男性が妊娠をどう受け止めているのかがわかってよかったという事みたいですね。

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • 奥さんが妊娠した
  • 妊娠が発覚して不安
  • 今は未婚だけどいつか結婚して子どもがほしい

 

書籍購入ページへ

文庫本

すごくおすすめの本なのですが絶版のようで、もうなかなか手に入らないかもしれません。Amazonなら中古でまだ取扱いがあります。気になる方はお早目に!

あわせて読みたい本

松久淳さんの小説『天国の本屋』

感想の記事へ

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

関連記事がありません。