『冷静と情熱のあいだ Rosso(江國香織)』の感想 / 伝えられない想いはありますか?

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は江國香織さんの『冷静と情熱のあいだ』を極力ネタバレなしでご紹介します。

伝えられない想いを抱えたまま過ごした10年間が再び動き出す、赤の物語。

静かな物語の中にある‟情熱”を感じてください。

『冷静と情熱のあいだ』のあらすじ

穏やかな恋人と満ちたりた日々を暮らしているはずのアオイ。

他人からほ羨まれるほど恋人に愛されているのに、心の穴を感じた日々を送っている。

伝えられない思いを抱えたまま過ごした10年間が再び動き出す赤の物語。

『冷静と情熱のあいだ』の感想

管理人リナ

管理人リナ
この本は辻仁成さんの冷静と情熱のあいだの青の物語と対になっていて、赤の物語は女性の視点で描かれ、青の物語は男性の視点で描かれています。

 

誰しも忘れられない人がいて、時々思いを馳せてみたり、再会を夢見たりすることがあると思います。

時間をかけて変化していくそのような心の描写を江國さん独特の文体で描いていて、夢中で読み進めました。

生きていく中で様々なきっかけや出来事により、思いとは裏腹に突然別れがやってきたり理由なく離れてしまうことがあるけれど、再会を信じてやまないアオイの気持ちには心打たれるものがありました。

そこには空いてしまった心の穴を他人で満たそうとしても埋めることはできず、いつまでも忘れられない特別な人が心に存在し続ける切なさがありました。

そして、人生というのはその人のいる場所にできるものだという単純な事実と、心というものはその人のいたいと思う場所に常にいるのだというもう一つの単純な事実もつきつけられました。

うまく言えませんが、静かな物語の中に‟情熱”を感じた作品です。

管理人リナ

管理人リナ
対になっている青の物語「冷静と情熱のあいだ Blu(辻仁成)」を読むと、新たな発見もあって、また感じ方も変わります。合わせてどうぞ!

 

世間の評価

・読者アンケートから(Lily.Cさんの感想)

これから先、いつかまた人を愛することができるかどうか自信がないという不安の渦中にいる私にとって、この本は一縷の望みを与えてくれました。また、現在抱えている感情も肯定されたような気持ちになり、今いる場所で人生を作っていくことも考えつつ、私自身の感情や考えも大切にしていきたいと思わせてくれる一冊でした。

 

『冷静と情熱のあいだ』はこんな人におすすめ

  • 忘れられない人がいる
  • 日々の生活で何かがかけていると感じている
  • 居場所を探している
  • 映画「冷静と情熱のあいだ」を観た

 

小説購入ページへ

あわせて読みたい小説

セットで読もう『冷静と情熱のあいだ Blu』

『冷静と情熱のあいだ Blu』の感想・あらすじ記事へ

もがきながらも懸命に人を愛す『きらきらひかる』

『きらきらひかる』の感想・あらすじ記事へ

恋愛小説が好きなあなたへ

恋愛・青春小説一覧へ

関連記事

『別れの言葉を私から(唯川恵)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

図書館の神様 感想

『図書館の神様(瀬尾まいこ)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『独立記念日(原田マハ)』の感想【ネタバレなし】

『すいかの匂い(江國香織)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『思いわずらうことなく愉しく生きよ(江國香織)』の感想【ネタバレなし】

『ため息の時間(唯川恵)』の感想・あらすじを紹介【ネタバレなし】