『サクラ咲く(辻村深月)』の感想を紹介【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は辻村深月さんの『サクラ咲く』を極力ネタバレなしでご紹介します。

中学生向けに書かれた作品だけど、大人が読んでも充分満足できる1冊!3編からなる短編集です。

あらすじ

中学生のマチはある日、図書館の本の中に「サクラチル」と書かれた紙が挟まれているのを見つける。

これはどういう意味なのか。誰が書いたのか。

気になったマチは、便箋と本を通じて相手との交流を試みる。(表題作より)

読んだ感想

もともとは中学生向けに書かれた物語が3つ詰まった短編集です。

1話目の「約束の場所、約束の時間」は中学生の武宮が転校生の菊池と仲良くなっていくという、一見するとごく普通の友情物語に思えるものです。
しかし菊池はある「秘密」を抱えており、武宮が彼と親しくなったのも、その「秘密」がきっかけとなっています。

2話目の「サクラ咲く」は表題作でもあります。引っ込み思案な自分を変えたい少女・マチはふとしたことから本に挟まれていた謎の手紙を発見します。これに返事を書いたことで、マチと見えない相手との交流が始まったのです。

3話目の「世界で一番美しい宝石」は、映画同好会に所属している3人が、主演女優として出演してもらおうと、1人の先輩に声を掛けるところから始まります。しかし先輩は何度誘っても応じてくれません。
3人はここまで頑ななのは先輩が演劇部を退部したことが関係しているのではないかと思い、探っていくのですが……?

この小説は中学生向けとなっていますが、大人が読めば学生時代を思い出して、また違った面白さを感じられることでしょう。

中学生に読みやすいように書きながらも、大人でも充分満足できる作品に仕上がっているところに辻村さんの力が現れていると感じます。

管理人リナ

管理人リナ
大人でも楽しめる作品なので、親子で読むのもおすすめですね。

 

読後感も明るく爽やかなので、暗く重たい話が苦手な人でも楽しめます。しかも謎解きの要素も含まれているので、飽きずに最後まで読めるのではないかと思います。

さらに連作ではなく独立しているのですが、実はちょっとした仕掛けがあります。全ての話をきちんと読んでいれば、恐らくすぐに気が付くと思いますよ!

学校生活や友人関係、将来の夢についてなど、思春期の頃に誰もが感じていたであろう不安感、わくわく感、切なさ、悩みなどを、この本の登場人物と共に感じ取って下さい。

小説購入ページへ

世間の評価

「確かに中学生向けだと感じられる作品だけど、それでも面白い!」「中学生向けとは思えない」といった声が多く聞こえてきました。

「温かい気持ちになった」「ほろりとなった」という声もあり、概ね高評価が多い小説ですね。

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • 中高生
  • 中高生の子どもと一緒に読みたい
  • 温かい気持ちになりたい
  • 明るい話が好き
  • 青春を味わいたい
  • あまり本を読まない

 

小説購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

こちらも学生さんに読んでほしい!『夜のピクニック』

感想の記事へ

辻村さんの代表作!映画化もされた『ツナグ』

感想の記事へ

辻村さんの作品をもっと読む

辻村深月さんの作品一覧

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

『僕らのごはんは明日で待ってる(瀬尾まいこ)』の感想【ネタバレなし】

天に堕ちる

『天に堕ちる(唯川恵)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『MEMORY(本多孝好)』の感想を紹介【ネタバレなし】

ヴァニティ

『ヴァニティ(唯川恵)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『対岸の彼女(角田光代)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『いちご同盟(三田誠広)』の感想【ネタバレなし】