『すいかの匂い(江國香織)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は江國香織さんの『すいかの匂い』を極力ネタバレなしでご紹介します。

11人の少女たちの11の物語。誰もが持っている、無意識の奥にしまいこんだ“あの夏”を思い出させてくれる短編集です。

『すいかの匂い』のあらすじ

バニラアイスの木べらの味、ビニールプールのへりの感触、すいかの匂い・・・

そのすべてが少女たちの“秘密”。

11人の少女たちの、かけがえのない11の夏の記憶が詰まった短編集。

『すいかの匂い』の感想

11の話から成る短編集ですが、どの作品もひとつとして私自身が同じ経験をしたことのないものなのに、なぜか既視感のある出来事ばかりです。

それは蝉の声が鳴り響く田舎の町であったり、夏のひんやりとした夜であったり、知らない町の海であったり、読んでいるとそこにいた覚えがあるような気がしてきます。

管理人リナ

管理人リナ
江國香織さんは誰の記憶にもあるような、日常の些細な出来事をしっかり覚えていて丁寧に再現できる方なのかもしれませんね。

 

また、主人公の子供たちから見る大人の姿や友達に対する思いは複雑で、子供の頃感じていたの世の中に対する違和感を呼び起こします。

大人になると、子供に対しては明るく無邪気で”子供らしい”人格を勝手にイメージしがちですが、誰でも子供時代は必ずしも大人の思うような子供ではなかったのではないでしょうか。

子供ながらにズルいことや、誰かを憎く思う気持ち、諦めの感覚に憤り、そういったものが確かに小さな体の中にうずまいていて、それでもそれらを自分から封印して健全な子供であろうとしていたことを、そんな忘れていた引き出しをそっと開けるような本です。

あまり感傷的ではないドライな語り口が、逆に子供という存在をリアルに感じさせますね。

重苦しさや暗さはなく、淡々としたスタイリッシュな文体で書かれていて読みやすいです。

世間の評価

実際に昔体験したような、していないような、そんな不思議な感覚を味わえたという意見が大半ですね。

江國さんの凄さを再確認したという意見も。

またホラー小説ではないですが、ぞくっとするシーンがあって怖かったという意見もありますね。

>> Amazonでレビューを読む

『すいかの匂い』はこんな人におすすめ

  • サクッと読みたい
  • たまには変わった雰囲気の本を読みたい

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

愛し方を間違えただけ・・・そんな男たちの物語『ため息の時間』

『ため息の時間』の感想・あらすじ記事へ

江國香織『思いわずらうことなく愉しく生きよ』

『思いわずらうことなく愉しく生きよ』の感想・あらすじ記事へ

恋愛・青春小説をもっと読む

恋愛・青春小説一覧へ

関連記事

『WILL(本多孝好)』の感想・あらすじ / ラスト2行のためにある1冊

『夜のピクニック(恩田陸)』の感想・あらすじ / 高校生に戻りたくなった!

『恋愛写真~もうひとつの物語~(市川拓司)』の感想 / 無性に人を愛したくなる

『いちご同盟(三田誠広)』のあらすじ・感想/絶望感の中にいたあの頃を思い出す

冷静と情熱のあいだ

『冷静と情熱のあいだ Rosso(江國香織)』の感想 / 伝えられない想いはあり...

ぼくの手はきみのために 感想

『ぼくの手はきみのために(市川拓司)』の感想・あらすじ/互いを思いやる優しさが綴...