ミステリ・サスペンス

『贖罪(湊かなえ)』の感想あらすじ / 思わぬ結末にぞっとした…

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は湊かなえさんの『贖罪』を極力ネタバレなしでご紹介します。

十字架を背負わされた4人の少女たちと、1人の女性。彼女等の‟贖罪”と人生の結末とは・・・?

2012年にWOWWOWでドラマ化された作品です。(主演:小泉今日子さん)

created by Rinker
¥257
(2020/08/06 15:16:37時点 Amazon調べ-詳細)

『贖罪』のあらすじ

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った──あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?(双葉社「贖罪-湊かなえ/著」より

『贖罪』の感想

15年前にひとりの女児が殺害された事件について、関係者の女性たちが語り手となって過去を思い出しながら話をする・・・という‟湊かなえさんといえば”という形式の小説です。

1編ずつ主人公が変わっていきますが、それぞれ彼女たちがどんな人生を歩んできたのか、そして贖罪へどう向き合ってきたのかが見どころ。

最後の最後に女児殺害事件の犯人が分かるのですが、思わずぞっとしました。

管理人kisa
管理人kisa
何度もこの人が犯人かなと思う場面がありましたが、良い意味で裏切られ、ぞくっとさせられましたね。

 

また、「贖罪」という言葉に終わりはあるのだろうか、報いはあるのだろうかと考えさせられてしまいました。

少なからず幼少時期の多感な時期に起きた事件の影響を心や体に影響を受けていた少女たちは、十分に贖罪の意味を全うしたのだと思います。

そんな中、追い詰めていく被害者の母の言葉は重たくて、冷たくて、命の重みを感じる場面が沢山ありました。

それでも最後は決してイヤな終わりかたではなかったなのが少し意外でした。

例えば湊かなえさんの代表作『告白』では、救いようのない結末で終わってしまいますが、今作では結構スッキリした印象で終わりましたね。

管理人kisa
管理人kisa
全体的に重たいお話ですが、読み終わってしまうと、そんなにイヤな気持ちになっていないことに驚きました。
created by Rinker
¥257
(2020/08/06 15:16:37時点 Amazon調べ-詳細)