映画原作『娼年(石田衣良)』の感想・あらすじ / 人の欲望に魅了される

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は石田衣良さんの『娼年』を極力ネタバレなしでご紹介します。

個々に抱えた苦しみや欲望とともに生きる姿を描いた恋愛小説。2018年4月6日に松坂桃李さん主演で映画が公開されました。

『娼年』のあらすじ

20歳の大学生リョウはボーイズ・クラブのオーナー静香と出会い、娼年となった。

仕事を通じて様々な女性と出会い、彼女たちの欲望に魅せられていく。

個々に抱えた苦しみや欲望とともに生きる姿を描いた作品。

『娼年』の感想

娼年となる大学生リョウは女性のどのような願望でさえも否定せず受け入れることのできる心の持ち主であり、クラブのオーナー静香もまた儚い雰囲気を漂わせながら突然真理をついたような言動を取ることのできる魅力的な人物です。

彼らに加え数人の女性も描かれていますが、男性作家であるにも関わらず、やはり女性の感情表現や欲望でさえも精巧に、甘美に表現していて物語にスッと引き込まれていきました。

石田さんの描く女性はこの小説だけでなく、全体を通して個性的でありながらも魅了される存在ですが、この小説もやはり登場人物に魅せられます。

苦しみも欲望も誰も簡単に乗り越えたりはできないことを思い知らされる作品でした。

私たちが日々を生きる中で自分の感情に蓋をしてしまったり、生き辛いと思いことは多々ありますよね。

けれどもそれが虚ろな彩りのない世界でも生きていかなくてはならず、毎日を繰り返さなければいけません。だけど、そのような日々の中にも輝いて見える瞬間は落ちています。

そんな風に思わせてくれる作品だなと感じます。

性描写が多く出てきますが、何か他のためではなくその行為自体が目的となった瞬間が人生の満足度を決める鍵になるのではないかと考えさせられる場面が何度かありました。

人生の幸福や満足度について考える時には、この小説を読んでいる時に感じた自分自身の感情を大きく考慮することになるだろうと思います。

管理人リナ

管理人リナ
この先を描いた『逝年』も合わせて読むと、より深く考えさられるものもあるので合わせて読んでみてくださいね。

 

性描写が多く描かれている作品です。苦手な方はご注意ください。

 

『娼年』はこんな人におすすめ

  • 虚ろな日々を過ごしている方
  • 恋愛に悩みを抱える方
  • 自分に素直になれない方
  • 女心を知りたい方

 

小説購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

娼年“リョウ”のその後を描いた続編『逝年』

透明感のある感動恋愛小説『アジアンタムブルー』

『アジアンタムブルー』の感想・あらすじの記事へ

石田衣良さんの小説をもっと読む

https://www.livingwithbooks.net/entry/syounen/ https://www.livingwith...

関連記事

こんなにも優しい世界の終わりかた 感想

『こんなにも優しい、世界の終わりかた(市川拓司)』の感想【ネタバレなし】

『夜のピクニック(恩田陸)』の感想・あらすじ / 高校生に戻りたくなった!

『僕らのごはんは明日で待ってる(瀬尾まいこ)』の感想 / 大切な人を大切にしよう

『天に堕ちる(唯川恵)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

『永遠の放課後(三田誠広)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『あとは泣くだけ(加藤千恵)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】