複数ジャンル

『招待状(赤川次郎)』の感想あらすじ/ 赤川次郎ワールドが詰まった超短編集

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は赤川次郎さんの『招待状~赤川次郎ショートショート王国~』を極力ネタバレなしでご紹介します。

赤川次郎ワールドが詰まった超短編集。まだ赤川次郎の小説を読んだことのないあなたに!

『招待状』のあらすじ

ファンクラブ会誌「三毛猫ホームズの事件簿」で、毎号書き下ろされているショートショート。「封印された贈り物」「幽霊の忘れ物」「シンデレラの誤算」「テレビの中の恋人」など。会員から募集したタイトルを元に、創作された二十七の物語。ミステリーはもちろん、サスペンス、ファンタジー、ラブストーリー……。赤川ワールドの魅力が、ぎゅぎゅっと詰まった一冊。(光文社「招待状-赤川次郎/著」より

『招待状』の感想

ただただ、短い!(笑)

27の短編集からなる1冊ですが、1篇がすごく短くて3分くらいで読めてしまう話ばかりです。

話がさっさと展開して、オチがあっという間にきてしまうので「えっ、もう終わり?!」と感じます。

ジャンルはミステリやラブストーリーなど様々ですが、どの話も赤川次郎さんらしさが出ている話。ちょっとひねりが入っていて、でも良い意味で“単純”ですごく読みやすいですね。

赤川次郎さんの小説が好きな人、読み慣れている人にとっては物足りないかなと思いますが、まだ読んだことのない人にはおすすめ◎

試しに読んでみて「赤川次郎作品の作風」が自分に合っているか、読みやすいかを感じてもらえると思いますよ!

また今作は、読者からタイトルを募集しているのが特徴。タイトルを見て赤川さんが話を考えているのですね。

だからぜひタイトルにも注目して読んでみてください。「このタイトルはどんな話なんだろう」「どうしてこのタイトルなんだろう」と思って読み進めると、より楽しめる1冊です!