『シューカツ!(石田衣良)』の感想を紹介【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は石田衣良さんの『シューカツ!』を極力ネタバレなしでご紹介します。

タイトル通り、就活を題材にした青春小説!就活を経験した人も、経験していない人も、ぜひ彼女たちの就活を見届けてください。

『シューカツ!』のあらすじ

就活を控えていた大学3年の水越千晴は、個性豊かな仲間たちと「シューカツプロジェクトチーム」を結成することになる。

目標に対しての奮闘、挫折、そして旅立ちや別れに伴う恋の行方も気になる青春物語。

『シューカツ!』の感想

『シューカツ!』を読みながら、「そういえば自分が就活をしたのはもう8年も前なのかぁ」と感慨深い気持ちになりました。

私はなかなか就活がうまくいかず・・・今思い返しても、あの時はとてもつらい期間でした。

何度も同じことを書く履歴書とエントリーシート。次々届くお祈りメール。夏のスーツ。内定をもらって喜ぶ友人を羨む自分。焦り。全人格を否定されるような感覚・・・。

一生ものの仕事を選ぶにはあまりにも短い期間で様々なことを決めなければいけないし、目標としていた行き先に到達できるかどうかもわかりません。

そして、目標が後少しで手の届きそうな距離になったとしても、求められたただ一瞬に自分の力が発揮できないかもしれないという可能性もあります。

『シューカツ!』はそんな少し先の未来さえ全く見えていない不安の渦中にいる就職活動中の大学生の様子を表していて、誰もが通る道であってもその期間は濃縮された人生のようなものだと感じました。

管理人リナ

管理人リナ
勝ち負けをはっきりつけることで他人だけでなく自分自身とも闘っている青春時代独特の輝きがこの小説の節々から伝わってきます。

 

就職場所だけでなく、大学生にとっては恋愛も大きなテーマの一つですよね。決断の時が迫ってきた時にどのような判断をするのかはその時の自分自身にしかわかりません。

個々の能力や状況、これからの目標などを短い期間で考え、それぞれの答えを決断しなくてはならない時がいつか必ず訪れます。

人間らしく成功や失敗を繰り返しながら変化する自分を受け入れ、諦めることなく未知の可能性を追求していく登場人物たちの姿が魅力的な作品でした。

『シューカツ!』購入ページへ

『シューカツ!』への世間の評価

正直微妙な感じですね。5段階の星評価だと、3や4が一番多い印象です。

高評価の理由としては「読みやすかった」「楽しく読めた」という意見が多いですが、低評価の理由として「リアル感がなかった」「ラストが好きじゃない」という声があります。

確かにラストは好き嫌いが分かれるかなと感じました。読み手に就活の実体験があるかどうかも感想に関わってくるのかなと思います。

>> Amazonでレビューを読む

『シューカツ!』はこんな人におすすめ

  • 今まさに就活中
  • これから就活をする
  • 就活を経験したことがない
  • 大学時代を思い出したい
  • 青春時代を思い出したい
  • 青春小説が好き

 

購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

こちらも就活小説『何者』

青春キャンパスライフを描いた『砂漠』

『砂漠』の感想記事へ

青春小説が好きなあなたへ

恋愛・青春小説一覧へ

“あの”ベストセラーも自費出版から生まれた!

ベストセラーにもなった山田悠介さんのデビュー作「リアル鬼ごっこ」が自費出版から生まれたって知っていましたか?!

本を出すのって敷居が高いようだけど、自費出版なら誰でも『自分の本』を出すことができます。

「本を出す」という夢、叶えてみませんか?
↓無料資料請求↓

文芸社「自費出版」資料請求プロモーション

関連記事

『僕らのごはんは明日で待ってる(瀬尾まいこ)』の感想 / 大切な人を大切にしよう

『永遠の放課後(三田誠広)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『別れの言葉を私から(唯川恵)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

昔の恋人

『昔の恋人(藤堂志津子)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『いちご同盟(三田誠広)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『あとは泣くだけ(加藤千恵)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】