『探偵物語(赤川次郎)』の感想を紹介【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は赤川次郎さんの『探偵物語』を極力ネタバレなしでご紹介します。

さえないおじさんが若い女の子に振り回される、人情味あふれるユーモアミステリ。

内容紹介

さえない中年探偵の辻山のもとに仕事の依頼が舞い込んだ。

たった5日間、やんちゃで古風な女子大生直美の監視兼ボディガードとおもりをすること!

物語はたった5日の間。ギャングの大ボスと元愛人、刑事達が入り乱れて異色なコンビが騒動を巻き起こす・・・!

読んだ感想

1980年代に発売されて映像化もされた、少し古い小説です。

探偵ものといえば、名探偵に優秀な助手がつくパターンは多いですよね。

でもよれよれのスーツを着たヒーローらしからぬ中年探偵と、女子大生の組み合わせという設定は、かなり斬新だと思います!

冒頭では、中年探偵の辻山が自由奔放な直美に振り回される姿が描かれていて、「ミステリっぽくないな」という印象を受けます。

そのイメージが強いせいか、殺人事件という重いテーマを扱っているのに読み終わった後は、爽快感でいっぱいになりました。

辻山と直美の関係性が少しづつ変わっていくのも魅力ですね。

イケメンでスマートに推理をする探偵だけがヒーローなのではなく、現実にいるヒーローはこんな感じなのかもしれないと、妙に説得力がありました。

管理人リナ

管理人リナ
普段なんの取り柄もないと思っているサラリーマンでも、「ヒーローになれる瞬間がある」と大人に対するエールなのかもしれませんね!

 

推理の主体が直美なので、女子大生ならではの大胆な発想で次々とピンチを切り抜けていく姿が爽快感たっぷり。

普通の推理ものと雰囲気が違うので、学生さんや普段小説を読まない人にも、とても読みやすいと思います。

ラストにひとつだけ解決しない謎がありますが、そのあたりがちょっとミステリ色が出て良かったです。

小説購入ページへ

世間の評価

映像化された作品を観たという人も多く、みなさん評価はかなり高めです!

のめりこんで一気に読める面白さと、読書が苦手な人でも読める気軽さが高評価につながっているようです◎

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • 学生さん
  • 活字が苦手な人
  • 普段あまり本を読まない人
  • ミステリが好きな人
  • ミステリ初心者
  • 気軽に読める本が良い!

 

小説購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

しのぶセンセが謎を解く軽快ユーモアミステリ『浪花少年探偵団』

感想の記事へ

ミステリ好きなあなたへ

ミステリ小説一覧へ

関連記事

タルト・タタンの夢

『タルト・タタンの夢(近藤史恵)』の感想【ネタバレなし】

『完璧な母親(まさきとしか)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『むかし僕が死んだ家(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『パラレルワールド・ラブストーリー(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『卒業(東野圭吾)』の感想を紹介!【ネタバレなし】

映画原作『愚行録(貫井徳郎)』の感想【ネタバレなし】