『タルト・タタンの夢(近藤史恵)』の感想【ネタバレなし】


こんにちは、リナです。 今回は近藤史恵さんの『タルト・タタンの夢』を極力ネタバレなしでご紹介します。

おいしいフランス料理がたくさん出てくる、ビストロを舞台にした短編集です。

内容紹介

商店街の小さなビストロで起こる不可解な出来事。

シェフがおいしい料理で客の心をつかみながら、不可解な謎を解いていく。

絶品料理も楽しみな短編7つからなる謎解き小説。

読んだ感想

舞台は小さなビストロ。気取ったフランス料理ではなく、家庭的な料理を出す気さくな店がビストロです。

私は以前ビストロで働いていたことがあるのですが、まさにその時のことを思い出しながら読み進めました。

この小説はビストロで起きる不可解な出来事の謎を解いていくストーリーなので、フランス料理に関する言葉がたくさん出てきます。

  • タルト・タタン
  • ガレット・デ・ロワ
  • ヴァン・ショー
  • デセール
  • ブルビ
  • カスレ などなど

聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、こんな言葉たちを知るのもこの小説の楽しみの一つでしょう。

料理の描写が詳しく書かれているので、具体的に想像できて思わずお腹がすいてしまいます(笑)

ビストロに限らず飲食関係の仕事をされている人なら読んでいて勉強になるし、状況も想像しやすいので読みやすいと思います。

ただ、この小説は短編集なのですが、結構薄い本なのに7編も収録されています。つまり1編ずつがとても短いのです。

読みやすいという利点の半面、1編ずつが‟薄い”というデメリットもあります。

謎解き小説ですが、その謎自体も複雑ではないですし、謎解きもサクッと終わってしまいます。そういう意味で物足りなかったなと思います。

サクッと簡単に読める短編小説を求めている人には良いですけどね♪

書籍購入ページへ

世間の評価

軽く読み進めることができる短編集という点では評価が高いです。それでいて料理の描写が詳しくて、「こんな料理が食べたい」「こんなビストロが近くにあったらいいのに」という声がありました。

逆に「内容が薄くて楽しくない」という声もありますね。ジャンルとしてはミステリになるので、ミステリや謎解きとして考えると物足りない=面白くないという意見も。

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • フランス料理が好き・興味がある
  • 飲食店で働いている
  • フレンチシェフになりたい
  • 軽く読める小説が良い
  • 普段あまり本を読まない

 

書籍購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

続編『ヴァン・ショーをあなたに』

お腹がすく料理がいっぱい『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん』

感想の記事へ

関連記事

『私が彼を殺した(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『氷菓(米澤穂信)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『浪花少年探偵団(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『盲目的な恋と友情(辻村深月)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『白馬山荘殺人事件(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『完璧な母親(まさきとしか)』の感想を紹介【ネタバレなし】