ミステリ・サスペンス

『タルト・タタンの夢(近藤史恵)』の感想あらすじ/思わずお腹がすく短編集

こんにちは、kisaです。 今回は近藤史恵さんの『タルト・タタンの夢』を極力ネタバレなしでご紹介します。

おいしいフランス料理がたくさん出てくる、ビストロを舞台にした短編集です。

created by Rinker
¥770
(2020/08/06 19:14:58時点 Amazon調べ-詳細)

『タルト・タタンの夢』あらすじ

商店街の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。シェフ三舟の料理は、気取らない、本当にフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな彼が、客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎をあざやかに解く。常連の西田さんが体調を崩したわけは? フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか? 絶品料理の数々と極上のミステリをどうぞ!(東京創元社「タルト・タタンの夢-近藤史恵/著」内容紹介より

『タルト・タタンの夢』の感想

舞台は小さなビストロ。気取ったフランス料理ではなく、家庭的な料理を出す気さくな店がビストロです。

私は以前ビストロで働いていたことがあるのですが、まさにその時のことを思い出しながら読み進めました。

この小説はビストロで起きる不可解な出来事の謎を解いていくストーリーなので、フランス料理に関する言葉がたくさん出てきます。

  • タルト・タタン
  • ガレット・デ・ロワ
  • ヴァン・ショー
  • デセール
  • ブルビ
  • カスレ などなど

聞きなれない言葉が多いかもしれませんが、こんな言葉たちを知るのもこの小説の楽しみの一つでしょう。

料理の描写が詳しく書かれているので、具体的に想像できて思わずお腹がすいてしまいます(笑)

ビストロに限らず飲食関係の仕事をされている人なら読んでいて勉強になるし、状況も想像しやすいので読みやすいと思います。

ただ、この小説は短編集なのですが、結構薄い本なのに7編も収録されています。つまり1編ずつがとても短いのです。

読みやすいという利点の半面、1編ずつが‟薄い”というデメリットもあります。

謎解き小説ですが、その謎自体も複雑ではないですし、謎解きもサクッと終わってしまいます。そういう意味で物足りなかったなと思います。

サクッと簡単に読める短編小説を求めている人には良いですけどね♪

created by Rinker
¥770
(2020/08/06 19:14:58時点 Amazon調べ-詳細)