『ツナグ(辻村深月)』の感想を紹介【ネタバレなし】

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです。今回は辻村深月さんの『ツナグ』を極力ネタバレなしでご紹介します。

生と死について考えさせられる奇跡の物語。松坂桃李さん主演で映画化もされました。

内容紹介

人生で一度だけ、死者と再会させてくれるという「使者(ツナグ)」。

様々な想いを抱えてツナグを訪れる人々。満月の夜に訪れる奇跡が心に染みる。

読んだ感想

ツナグに依頼をする4人の物語と、それをツナグの目線から描いた話からなる連作短編集です。

突然死したアイドルに会いたいと望むOLや失踪した恋人を待ち続けた男性など背景は皆違うんですが、それぞれ複雑な想いを抱えていて単純に「再会できて感動」のお話ではありません。

生と死についてすごく考えさせられる物語でした。

大切な人が死んだ時に「あの時あぁしていればよかった」と後悔しない人なんかいないですよね。

それでも死者にもう一度会うことが果たして正解なのか。

多少の後悔を抱えながら生きていくのが幸せであり、残されたものの使命なのかもしれない。

死んだ人に会いたいと願うのは生きている者のエゴなのか。それでもやっぱりもう一度会いたいと願ってしまうだろう・・・そんな想いになりました。

私は何回か号泣しました。自分と重ねあわせたり登場人物に共感したり、大切な人が死ぬ事を想像したり・・・。

管理人リナ

管理人リナ
外で読むのはおすすめしません。家で一人静かに読んでくださいね。

 

ツナグに依頼をすると死者と会わせてくれる。でもそれは一生で1回だけで、死者にとってもそのチャンスは1回のみ。

あなたは誰か会いたい人はいますか?

書籍購入ページへ

世間の評価

現実ではありえない設定に入り込めなかったという人もいるようですが、全体的には高評価です。

泣けたという人も多いですし、生死について考えさせられたという人も多いですね。

>> Amazonでレビューを読む

こんな人におすすめ

  • 泣ける話が読みたい
  • 一人で静かに読みたい
  • 生死について考えることがある

 

書籍購入ページへ

文庫本

単行本

あわせて読みたい小説

辻村深月さん小説『盲目的な恋と友情』

感想の記事へ

泣けるファンタジー『流星ワゴン』

感想の記事へ

ファンタジーが好きなあなたへ

ファンタジー小説一覧

たくさん本を読みたいあなたへ! 本 お得に買う

関連記事

『天国の本屋うつしいろのゆめ(松久淳)』の感想【ネタバレなし】

『スタープレイヤー(恒川光太郎)』の感想【ネタバレなし】

映画原作本『ナミヤ雑貨店の奇蹟(東野圭吾)』の感想【ネタバレなし】

『天国の本屋(松久淳+田中渉)』の感想【ネタバレなし】

『流星ワゴン(重松清)』の感想を紹介【ネタバレなし】