ファンタジー

『天国の本屋うつしいろのゆめ(松久淳)』の感想あらすじ/あの温かい世界観をもう一度

管理人kisa
管理人kisa
こんにちは、kisaです!今回は松久淳さんと田中渉さんの『天国の本屋 うつしいろのゆめ』を極力ネタバレなしでご紹介します。

前作『天国の本屋』の世界をもう一度味わえるシリーズ第2弾。サクッと読めて心が温かくなる小説です。

created by Rinker
¥17
(2020/07/15 08:12:59時点 Amazon調べ-詳細)

『うつしいろのゆめ』のあらすじ

イズミが、センスは悪いがお金は持ってる“獲物”とハワイに飛び立とうとしたその時、アロハシャツの不思議な男が現れた。「この人、結婚詐欺師ですよ!」イズミの体は硬直、フィアンセ候補はパニック、周囲からは思いっきり好奇の目……。そして我に返ったイズミを、絶対あり得ない運命が待っていた。(新潮社「天国の本屋 うつしいろのゆめ-松久淳+田中渉/著」書籍詳細より

『うつしいろのゆめ』の感想

前作『天国の本屋』と舞台設定は同じで、雰囲気も似ている本です。

ただ今回のテーマは親子の愛情で、 前作よりもヒューマンドラマの要素が強くなっている気がします。

舞台は天国。人間の天寿は100歳までで、亡くなってから100歳までの年月を天国で過ごし、また生まれ変わるという設定です。

ヘルパーとして働くことになった家の主人・偏屈なじいさんとイズミの関係が気になりましたね。

ところどころでイズミの過去が話に出てくるので、なにかしら関係があるのだろうなぁと思って読み進めました。二人の関係性はぜひ読んで確かめてください♪

ミステリではないですが、色々な伏線が回収されていくので、最後は「なるほどね」とスッキリします。

泣きはしませんが、じんわりと感動するお話です。心がほんわか温かくなりますね。

管理人kisa
管理人kisa
たまに現れる優しい挿絵も良い味をだしています!

 

短い小説なのでサクッと読めてしまいます。本を読むのがあまり得意ではないという人にもおすすめです。

created by Rinker
¥17
(2020/07/15 08:12:59時点 Amazon調べ-詳細)