『ヴァニティ(唯川恵)』の感想・あらすじ / 女性たちのリアルが詰まってる

管理人リナ

管理人リナ
こんにちは、リナです!今回は唯川恵さんの『ヴァニティ』を極力ネタバレなしでご紹介します。

女性の気持ちを描かせたら共感率No.1の唯川恵さんの小説。

「こんなはずじゃなかった・・・」それでも前に進む女性たちのリアルが詰まった1冊です。

『ヴァニティ』のあらすじ

「 こんなはずじゃなかった」

恋や結婚、仕事に一生懸命な女性たちのリアルがつまった中短編集。

つまづいて、泣いて、それでも前に進む女性たちの姿が詰まった1冊。

『ヴァニティ』の感想

恋も仕事も結婚も、こんなはずじゃなかった、との戦いだ。

(引用:ヴァニティより)

まさに言葉に全て集約されていると思います。

14の中短編から成る1冊ですが、全て主人公は30代前後の女性たち。

仕事、恋、結婚・・・それぞれが色々な複雑な想いを抱えて、「私の人生こんなはずじゃなかったのに」そう思いながらも前に進もうともがいている。

その姿がリアルに詰まっていますね。

作者の唯川恵さんといえば、恋愛小説の名手。特に独身女性のリアルな恋愛模様や心理を描くのが上手です。

私は30冊以上の唯川さんの作品を読んでいますが、アラサー独身女の私はいつも共感しながら読んでいます。そういう意味で『ヴァニティ』はその期待を裏切らない安心して読める1冊でした。

唯川さんの作品は読みやすいので、普段本をあまり読まない人にもおすすめです。

世間の評価

「 これぞ唯川恵!」という想いで読み進めた方が多いようです。やっぱりリアルな女性たちの姿や心情の描き方が心を打つようですね。

ただ、良くも悪くも唯川さんの作品はどれも似ているので、「同じような話ばかりで飽きる」という人もいるのは事実です。

中短編集なので、それが「気軽に読めて良い」という意見と「物足りない」という意見には分かれます。

>> Amazonでレビューを読む

『ヴァニティ』はこんな人におすすめ

  • サクッと読みたい
  • 前向きになりたい
  • 20~40代の女性
  • 普段あまり本を読まない

 

書籍購入ページへ

文庫本

あわせて読みたい小説

リアルな女性の恋愛小説『試着室で思い出したら本気の恋だと思う』

感想の記事へ

“それでも前に進む女性たち”を描く『昔の恋人』

感想の記事へ

恋愛小説が好きなあなたへ

恋愛・青春小説一覧

“あの”ベストセラーも自費出版から生まれた!

ベストセラーにもなった山田悠介さんのデビュー作「リアル鬼ごっこ」が自費出版から生まれたって知っていましたか?!

本を出すのって敷居が高いようだけど、自費出版なら誰でも『自分の本』を出すことができます。

「本を出す」という夢、叶えてみませんか?
↓無料資料請求↓

文芸社「自費出版」資料請求プロモーション

関連記事

『MEMORY(本多孝好)』の感想を紹介【ネタバレなし】

『シューカツ!(石田衣良)』の感想を紹介【ネタバレなし】

冷静と情熱のあいだ

『冷静と情熱のあいだ Blu(辻仁成)』の感想・あらすじ / あのとき交わした約...

『いちご同盟(三田誠広)』の感想・あらすじ【ネタバレなし】

『アジアンタムブルー(大崎善生)』の感想【ネタバレなし】

『ため息の時間(唯川恵)』の感想・あらすじを紹介【ネタバレなし】